なぜテザー(Tether/USDT)は下落したのか?ステーブルコインの仕組みを解説



昨今、仮想通貨市場をいろんな意味で賑わしているテザー。先日、テザーの価格が下落した一方でビットコインをはじめとする仮想通貨の価格上昇がみられました。

テザーはステーブルコインに分類される銘柄の一つで価格が米ドルと1:1で保たれる特徴があります。その裏付けとして米ドルが必要となるわけですが、テザー社はその米ドル準備金を本当は持っていないのではないかとの疑惑が持たれ続けています。

その疑惑が今になって再燃したのかテザーの価格が下落をします。今回はなぜ、テザーの価格が下落したのか、ステーブルコインの仕組みから解説していきます。

ステーブルコインとは何か?

はじめに、テザーも含めたステーブルコインに関して解説します。ステーブルコインとは価格が一定に保たれた仮想通貨の総称となります。そして、担保がある種類と担保がない種類の合わせて3種類が存在します。

  • 法定通貨担保型
  • 仮想通貨担保型
  • 無担保型

以上の3種類がステーブルコインとして存在しています。

ステーブルコインとは何か?特徴と最新情報を徹底公開

2018.10.29

法定通貨担保型ステーブルコインとは

法定通貨担保型のステーブルコインはテザーも含め、最近話題のジェミニドルなども法定通貨担保型となります。

大まかな仕組みはテザーであれば、発行元のテザー社の銀行口座に米ドルを送金し同額のテザーを発行します。これにより、1ドル=1USDTが保たれるわけです。

仮想通貨担保型ステーブルコインとは

仮想通貨担保型は担保が仮想通貨となります。代表的な銘柄にはDAIがあり、DAIのスマートコントラクトにイーサリアムを送金することでDAIが自動的に発行されます。

法定通貨型と似たような仕組みですが仮想通貨を担保にしている分、価格変動の影響が起こりやすくなります。

無担保型ステーブルコインとは

無担保型のステーブルコインも存在し、BasicやSagaが代表的なところです。

仕組みはスマートコントラクトの機能で供給量を調節し価格を一定に保つようになっています。

テザー(Tether/USDT)の価格が下落した

ここから、テザーが下落したニュースについて解説します。

そもそもテザー(Tether/USDT)とはなにか?

価格下落のニュースの前にテザーについてもう少し解説し理解を深めましょう。

テザーは先にも触れましたがステーブルコインの一種になります。2014年10月にリリースされ時価総額は3000億円にもなります(時価総額ランキング8位:2018年10月30日時点)。

発行はテザー社となりますが、世界でも有名な仮想通貨取引所BitfinexとCEOが同じ人物であるのは有名です。

テザーは価格が一定であることから価値の保存が可能であったり、送金や決済に使いやすい、仮想通貨であることから送金手数料が安いなどの特徴を持っています。

テザー(Tether/USDT)下落のニュースの概要を解説する

テザーの価格が下落したのは10月15日からです。米ドルと1ドルの均衡を保つ連動があるにも関わらず、アメリカの仮想通貨取引所のクラーケンでは0.85ドルになりました。

これまでドルの相場と連動を保ってきましたが、その連動が崩れました。テザーの信頼度が損なわれたのか急な価格下落に見舞われました。

今までもテザー(Tether/USDT)疑惑があった

テザーの価格が下落した理由には、いわゆる、テザー疑惑が関係しているとみられています。

テザーには以下の3つの疑惑があります。

  1. テザーと米ドルと交換は可能なのか(テザー社は時価総額分の米ドルを保有しているのか)
  2. テザー社と取引所Bitfinexは独立した機関なのか
  3. テザーによってビットコインの価格が操作されているのではないか

信頼が揺らぐような報道は以前からあったわけです。

テザー疑惑の詳しい解説はこちらをご覧ください。

テザー疑惑から約2ヶ月!結果どうなったの!?問題の真相から相場への影響まで

2018.04.25

なぜテザー(Tether/USDT)は下落したのか?

過去のテザーに関する疑惑から下落につながったと考えられていますが、もう少し具体的にみていきます。

テザー(Tether/USDT)が下落した理由①:他のステーブルコインの優位性

まず考えられるのは多くの投資家が疑惑の念を拭い去れないテザーよりも、規制がしっかりとしている他のステーブルコインであるジェミニドルやパクソス(PXA、Paxos Standard Token)に移っている可能性です。

ジェミニドルもパクソスもアメリカの規制当局が認めた銘柄ですし、価格保証のために世界規模の銀行や複数の会社が関係しています。そのような信頼度の高いステーブルコインへ投資家もシフトチェンジをし始めたとも考えられます。

テザー(Tether/USDT)が下落した理由②:他の仮想通貨を購入するため

もう一つ考えられる理由には仮想通貨購入のためにテザーを売却していることです。

Bitfinexの新規ユーザーはビットコインやイーサリアム(Ethereum/ETH)の購入にテザーしか使えないことなども影響していますが、テザーを仮想通貨購入のために使い、多くの売りにつながった可能性があります。

テザー(Tether/USDT)が下落した理由③:テザー社は米ドルを保有しているのか

最後にあげられるのは、テザー社の銀行問題です。テザーは法定通貨担保型のステーブルコインですから担保となる米ドルを準備しておかなくてなくてはなりません。

準備金が本当に用意されているのかと疑惑を以前から持たれていたテザー社は報告書を6月に提出しています。その際、およそ25億4000万ドルに達していると報告していますが預入先の銀行名を明かしていません。

不安材料が尾を引き、売却や他のステーブルコインへの移動からテザーの価格下落につながったと考えられます。

ステーブルコインの仕組みとは?

ここからは、テザーの価格下落からステーブルコインの仕組みを振り返っていきたいと思います。

ステーブルコインには信用の裏付けが必要である

ステーブルコインは価格が一定に保たれているので、様々なメリットが生まれます。しかし、結局のところ、価格が保たれるには信用の裏付けが必要です。

テザーの場合、発行する金額に見合う現金が用意されておらず価格の上下があったと言わざるをえません。その信用は法定通貨ではなくても金でも、原油でも仮想通貨でも良いのです。

ステーブルコインはどのように信用を裏付けるかが大切である

信用の裏付けは法定通貨などが用意されているかも重要ですが、例えば、規制当局が認可を下ろしていることも信用につながります。

先ほど簡単に触れたジェミニドルはニューヨーク州金融サービス局が認可を下ろしています。規制当局からのお墨付きがあれば安心して利用できるので信用問題にはつながりにくいでしょう。

ベネズエラ政府が発行している仮想通貨のペトロは原油を担保にしている銘柄です。国内では取引所も営むGMOがこれから発行を目指すGMO Japanese Yenがあります。GMO Japanese Yenは日本円と連動するステーブルコインですが日本円の準備や預託先がどうなるのか気になるところです。

信用となるものは物的なものでも通貨でも構いませんが発行分に見合う数量や金額の保有は必須です。

ステーブルコインには、信用の裏付けが不可欠です。

今後のステーブルコインの将来性は?

ここまで、テザーの下落からいろんなことを考察してきました。最後に、ステーブルコインが今後どうなっていくのか考えたいと思います。

まずは今回、メインで取り上げたテザーですが、おそらく今後は保有する方は減る可能性が高いです。

現にテザーの価格下落が起きましたし、今まで説明してきたように様々な面で不透明です。テザーはステーブルコインとして一番重要な信用度が低いため、ジェミニドルなどの他のステーブルコインよりもリスクが高いです。

一方のジェミニドルやパクソスと言ったステーブルコインは規制当局も認め、準備金預託先や価格保証の会社が明らかになっているので信用度は高いです。そのような信用度の高いステーブルコインは今後、普及していくと考えられます。

国内では2019年にアジア圏で普及を目指すGMO Japanese Yenがユーザーの信用を得られるか見守りたいところです。

テザー(Tether/USDT)下落から読み解くステーブルコインのまとめ

今回はテザーの下落からステーブルコインについて読み解いてみました。ステーブルコインはメリットが多く、保有しておきたい仮想通貨ですがポイントになるのは「信用」です。

裏付けとなる担保がしっかり用意されているのか、規制当局から認可を受けているのか、準備金(担保)の預入先は信用できる機関なのか…。色々な面で信用できるのか、ステーブルコインを保有するときは注視しましょう。

残念ながらテザーに関して言うと、それらの信用が著しく欠けています。おそらく、ステーブルコインと言うカテゴリーからは淘汰されるでしょう。

ステーブルコインに属する銘柄も続々と数を増やしていますので、信用という判断基準は念頭に入れて起きましょう。




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です