炭火焼肉たむらで仮想通貨ポイントカードサービスがスタート!



仮想通貨を決済として利用できるお店がどんどん出てきています。
それに加え仮想通貨をポイントとして利用できるサービスが生み出され始めています。
お笑い芸人たむらけんじさんが運営する炭火焼肉たむらでは6月8日に仮想通貨のポイントカードサービスを始めました。
また東京千代田区のシーシャカフェでも仮想通貨のポイント利用が可能となるようです。
参考:https://jp.cointelegraph.com/news/a-sisha-cafe-to-be-new-crypto-community

仮想通貨を日本で決済できる店舗・サイトまとめ!クレジットカードと比較したメリットとは?

2018.04.12

仮想通貨をポイント利用できる「炭火焼肉たむら」

NEM決済が可能な焼肉たむらでは四月に独自仮想通貨SYTGの発行を発表しました。
今回は焼肉たむらのさらなる取り組みを紹介いたします!

炭火焼肉たむらで独自通貨「SYTG」発行

2018.04.25

焼肉たべてSYTGをゲット

焼肉たむらでは来店すると1000SYTGをポイントカードに付与してもらうことができます。
支払い方法は現金、仮想通貨、カード全てに対応しています。
ポイントを受け取るにはnanowalletの導入が必要ですが、優しく店員さんが教えてくれます。

また獲得したSYTGはポイントに応じて以下のサービスを受けることが可能です!

 

ポイント 内容
5000SYTG ファーストドリンク
10000SYTG ハラミ(1皿)
15000SYTG ロース(1皿)
20000SYTG ハラミステーキ(1皿)
25000SYTG ネム盛り(1皿)
30000SYTG たむけんおすすめ肉の盛り合わせ(1皿)
100000SYTG 食べ飲み放題一回

仮想通貨をポイント利用できるシーシャカフェ「いわしくらぶ」

いわしくらぶは昨年5月1日に開店した水タバコカフェです。
いわしくらぶではシーシャを吸いながらお客さん同士が交流できる空間となっています。
仮想通貨部やボルダリング部、ウクレレ部が立ち上がっており、それぞれイワシコインやボルダリングコインを発行してサービスに利用できるような仕組みを作っています。

いわしくらぶのイワシコインとは

いわしくらぶではWavesのブロックチェーンを使ったイワシコインを発行しています。
発行枚数は10億イワシとなっています。
イワシコインはイベントの手伝いをしてくれた人達に配布されます。
一つのイベントの手伝いにつき1万~5万イワシを配布しています。

現状でイワシコインはシーシャとの交換、ボルダリングコインはプロテインとの交換のみが可能です。
今後コミュニティメンバーと話しながら決めていくそうです。




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です