送金アプリ「マネータップ(Money Tap)」の特徴とメリットとは?使い方までわかりやすく解説



SBIホールディングスの子会社である「SBI Ripple Asia」が10月4日、スマホ用送金アプリ『マネータップ(MoneyTap)』の提供を開始しました。

まずは住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3行と接続が開始されます。

マネータップは「App Store」ならびに「Google Play」にてダウンロードが可能です。

【マネータップ(Money Tap)の公式サイト】

マネータップ(Money Tap)とは何か?

マネータップは、スマホ用の送金アプリで、リップル(Ripple/XRP)社のブロックチェーン技術が活用されています。

リップル社の技術を活かし、接続された銀行同士での送金が一瞬でできます。

マネータップは、銀行口座から銀行口座へ、接続している銀行であれば自行内・他行あては関係なく、直接送金が可能な日本初の送金アプリです。

マネータップ(Money Tap)の特徴とメリットは何か

マネータップの特徴とメリットをご紹介していきます。

マネータップ(Money Tap)は電話番号のみで送金できる

マネータップは銀行口座番号の他に、携帯電話番号や QRコードを用いた送金機能も持ち合わせています。
また、指紋等の生体認証と組み合わせることにより、簡単に送金ができ、さらにセキュリティの向上も図っています。

【「Money Tap (マネータップ)」一般サービス開始に関するお知らせ】

マネータップ(Money Tap)は365日24時間利用できる

マネータップは365日24時間送金できます。
銀行口座から銀行口座へ、接続している銀行であれば自行内・他行あては関係なく、直接送金が可能な日本初の送金アプリです。

マネータップ(Money Tap)は手数料が無料である

マネータップのダウンロードや登録はもちろん無料です。

さらに住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3銀行は、マネータップが可能とする1回3万円、1日10万円までの送金については、自行内・他行あてを問わず、送金手数料を無料にしています。

2018年10月時点の手数料となります。手数料については、今後変更となる可能性があるため、各金融機関の公表内容をご確認下さい。

送金手数料の無料化によって、これまで銀行振り込みが行われる機会が少なく、現金でのやり取りが主体を占める少額送金についても、キャッシュレス化を促進する狙いがあります。

マネータップ(Money Tap)は国内61銀行に広がる

マネータップは10月4日現在、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3行とのみ接続が開始されています。

今後「内外為替一元化コンソーシアム」に加盟する、三菱東京UFJ銀行、みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行といった日本を代表するメガバンクを始めとする「国内61銀行」にマネータップが提供される予定です。

マネータップを起爆剤とし、日本国内でもキャッシュレス化が一気に進む可能性があります。

今後もリップル、マネータップから目が離せません。




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です