ホリエモンが仮想通貨に期待する将来性に対する考えまとめ



皆さん仮想通貨投資はされていますか?

最近の仮想通貨は急騰と暴落を繰り返しており、相場が安定しないものの、トータルで見れば順調に価値が上がり続けています。
毎年新しい通貨やトークンも開発されており、これからが期待できるものも多く誕生しております。

仮想通貨投資において大切なのは将来性を見抜けるかどうかにかかっています。
リップル(Ripple/XRP)のように、もともと注目されていたにもかかわらずあまり値段が上がらなかったものもが、急に値上がりしたなんてものもあります。

なぜあの時購入しなかったのか…と後悔している人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなミスを繰り返さないために、ホリエモンが考えている仮想通貨の将来性と、これからの成長がすごく期待されている通貨やトークンの紹介をしていきます。

ホリエモンチャンネルでの仮想通貨の将来性についてコメントまとめ

 

Youtubeホリエモンチャンネルにて、仮想通貨の将来性に関する動画Q&A形式でアップロードされていました。

今回の質問内容は以下です。

「仮想通貨の決済店舗が増えてきている中で、なぜAmazonやアリババのような大企業は仮想通貨決済を取り扱わないのでしょうか。今後、多くの需要が見込まれると思っています。」

仮想通貨の価格は常に上がり続けているものの、大企業での仮想通貨取り扱いを行う企業が少ないことから、仮想通貨の将来性がないのではないかと考える人も少なくないようです。

まずは質問に対するホリエモンの答えは以下の通り。

堀江「急いで導入するほどの決済シェアを取らないと考えているからではないか」
.
.
.
堀江「今の決済システムって使い勝手悪いものが多いよね」
沼澤「いまのところ…あの、使い勝手悪いものが多いのが実情ですね」
堀江「そうそうそう。」
   「だから、決済用のビットコイン、ライトニングネットワークがサービスとして出てきて…っていう話なんじゃないかな」

沼澤「仮想通貨投資で財を得た人たちが、仮想通貨で決済したいっていうニーズは高まってきているんですよね。そこを解決する技術的な、ベストなものが出切っているとはおもっていません。」
  「私たちはビットコインで決済するサービスを提供していますが、利用している割合というのはまだまだだな、という印象があります。」

※ライトニングネットワーク
ビットコインのブロックチェーンとは違う回線を使う新しい仕組み。高速決済、低手数料が期待
される。

つまり、現段階では仮想通貨で決済したいと考えている人は世間で騒がれている以上に少ないということです。
仮想通貨がかなりの層に認知され始めてしばらくたちますが、実際に保有している人は意外と少ない上、それを使って決済しようと考えている人はかなり少ないようです。

堀江「俺結構、友達間の送金とかに(仮想通貨を)使うんだよね。」
寺田「友達間の決済?」
堀江「あー、例えば現金しかダメなお店とかあるじゃないですか。それで、現金持ってなくて友達に払っといて、っていうじゃない。割り勘の代金をどうやって送ろうか、って時に。」

   「銀行口座ってめちゃくちゃめんどくさいのよ。銀行の支店名を全部カタカナで検索しないと(中略)そう考えると、ビットコインなんてウォレットのQRコードを読み込めば終わりなのよ、もちろん二段階認証とかしないといけない手間もあるけど。その辺は銀行も一緒だしね。」

しかし、銀行振り込みなどの送金方法と比べ、ビットコインの送金はQRコードを読み込むだけで完了するほか、送金速度もかなり早いので非常に簡単で楽であると言えます。
そのため、個人送金をするケースがかなり増えています。

つまり、仮想通貨を利用している人からすればこれらの送金方法は他の送金方法よりも優れていると認められているという訳です。

いま、大企業で仮想通貨を利用した決済方法が導入されないのはそもそも仮想通貨を利用している人が少ないというのが最も大きな理由です。
将来的には仮想通貨を利用する人口が増加すると見込まれるので、大企業で仮想通貨を使った決済方法が導入されるのは時間の問題であると言えるでしょう。

また、仮想通貨決済は優秀ではありますが、会話の最初の方で出てきたように、まだまだ成長の余地があります。
そのためビットコイン等有名なものだけでなく、これから新たに開発される仮想通貨にも注目しておく必要があると言えるでしょう。

ホリエモンが将来性高いとお勧めする仮想通貨まとめ

イーサリアム

イーサリアムはスマートコントラクトという、送金金額などの決済内容に加えてその決済を通して結ばれた契約内容についても自動的に記録する性質を持っています。

元々、ホリエモンはザイフの運営に関わっている為、ネム、モナ、イーサリアムや、トークンであるザイフ、ホリエモンカードなどを少額もらい受けていました。

しかし、スマートコントラクトの将来性を見込んで自分自身でも購入されたようです。なお、購入後35倍になりました。これからも価格は上がっていくことが見込まれます。

つまり、ビットコイン型のプロトコルで重要なのは一番長いブロックチェーンが正しいブロックチェーンだとネットワークの参加者が合意しているということなのだが、そのブロックチェーンにコインの金額や受取人などの取引情報ではなく、契約(スマートコントラクト)を記述してしまおうという仕組みがイーサリアムだ。

これはビットコインとは別のブロックチェーンが使われている。契約を記述できるので原理的には何でもできる。
デジタルコンテンツやら株券やらクラウドストレージやらの所有権を中央集権的な仕組みでなく実現できる。移動のコストも最小限だ。
これってすごい。自治体とか国とか要らなくなる!だってこのネットワークに数千万人、いや億単位の人が参加して、その人達の合意のもとに色々な契約が最小コストで出来るようになるからだ。
引用:ホリエモンドットコム

自身のブログでも絶賛されています。なお、2014年4月の記事。

イーサリアム(ETH)は今後どうなる?実用化に向けた将来性を読んでみる 

2018.10.02

リップル(Ripple/XRP)

リップルは銀行での送金に利用されると考えられている仮想通貨であり、非常に速い送金が特徴です。また、Googleが出資した唯一の仮想通貨でもあります。

ホリエモンが直接リップルに関して言及したことはありませんが、ニュースピックスの「銀行の他社への振込、午後6時まで延長へ。2018年の新システム」という記事にて、「そんなことしてる間にリップルが普及していくと思う」とコメントしています。


このコメントから、ホリエモンがリップルが海外送金に利用される可能性が高いと考えていることがうかがえます。

ポジティブなニュースが止まらない『リップル』の将来性を利便性や実用性から考えてみた

2018.02.27

リップル(Ripple/XRP)がxRapidの商用利用を開始。何がすごいのかを徹底解説!

2018.10.02

コムサ

コムサはザイフが開発している、ICOを購入するために利用するプラットフォームになります。
現在新たな仮想通貨やトークンを開発するために様々なICOが行われていますが、それの購入方法は多少難しいものばかりです。

そのため、それをCOMSAというトークンを利用してICOに参加できるよう簡略化を図ろうというものになります。

コムサの開発について、ホリエモンは「本格的なICO時代の幕開けです。スモールIPOなんてやってる場合じゃねえ!」とコメントしており、これから利用されていくであろうことが示唆されています。

ICOのプラットフォーム「COMSA」の特徴と将来性まとめ

2018.06.10

ホリエモンがオススメして高騰したエピソードまとめ

イーサリアム

株式会社ヒトメディア代表取締役の森田正康氏(40)が堀江貴文氏の助言通りに仮想通貨に投資したところ、わずか数ヶ月で大儲けすることができたと興味深いエピソードを披露した。

「飲みの席でたかぽんが『これいいから買うよ!』って言ってて『じゃあ僕も買います』って言ったんですよ。お互いいくら買ったかは言わなかったんですけど、僕は20万円買ったんです」。その後、自分が買ったことはすっかり忘れていた森田氏だったが、ホリエモンが「35倍になったよ」と教えてくれた。
参照:http://netgeek.biz/

仮想通貨の価格は今後もう伸びない?イーサリアム創業者の発言への反応まとめ

2018.09.17

リップル(Ripple/XRP)

ホリエモンがリップルについて言及したのは、2014年12月の事。当時リップルは1円程度でしたが、発言後3円程度まで値上がりしてます。
この価格帯にもかかわらず3倍になっていたわけですからすごいですよね。

なお、その3年後の2017年の12月末には257円まで上昇。なんと128倍です。

リップル(Ripple/XRP)の好材料ニュースが立て続けに暴落を続ける中でも止まらない最新ニュースまとめ

2018.04.03

【疑問】リップル(Ripple/XRP)の今後の価格は上がるのか?下がるのか?(前編)

2018.10.01

コムサ

2017年12月4日18時にZaif取引所に上場したコムサ(COMSA)が、12月13日深夜2時ころにICO直後の価格から 約4倍の約396円まで高騰しました。

Zaif上場当日は2000円から始まり、80円台まで下落し、先行きの不安感が漂いましたが、徐々に値段を戻していっています。
(中略)
2017年12月12日に石川県金沢市にて実施されたInfinity Ventures Summit(IVS)にて、 堀江氏は、「日本の企業がICOで100億円を集めた(コムサ(COMSA)のICOが)。これは、まさに時代の変わり目だと思う。」 と発言したことにより、コムサの値段が一気に高騰したものと思われます。
参照:https://coin-otaku.com/

ホリエモンが仮想通貨に期待する将来性に対する考えまとめ

いかがだったでしょうか。今回はホリエモンが考える仮想通貨の将来性から、ホリエモンがこれから注目している仮想通貨についてご紹介いたしました。

メジャーである仮想通貨がこれからも価格上昇していくことはもちろんの事、コムサのように比較的新しい通貨も目が離せません。

仮想通貨がこれからも広まっていくことは間違いありませんので、今のうちに買っておくのが吉であると言えるでしょう。あの時買っておけばよかった…と後悔しないように注意してくださいね!

また、ホリエモンは仮想通貨に関する著書を6/30に出しています。
こちらも要チェックです!

仮想通貨に対しての現代の魔術師、落合陽一氏の意見まとめ

2018.04.17




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です