Weiss Ratingsが3種類の通貨を称賛、別通貨には注意喚起も



ニュース概要

Weiss Ratingsが5月2日に公式ウェブサイトでNEO,EOS,ADAを「Super Coin」という言葉を用いて称賛しました。
以前よりWeiss Ratingsはこれらの3種類の通貨に対して高評価をしていました。その評価した通貨の上昇は技術力や将来性の証明だと主張しました。
一方でビットコインからハードフォークで生まれたコインを模倣コインとして注意喚起しています。

ハードフォークとは何か?仮想通貨に市場にもたらすメリットとデメリット

2018.04.04

ニュース詳細

ここ数週間仮想通貨は上昇傾向にありました。
その中でWeiss Ratingsが高く評価していた仮想通貨も凄まじい上昇をみせました。

価格の上昇について以下のように述べています。

  • ADA2018年の最低$0,14から$0.38
  • NEO$44.62から$92.63
  • EOS$4.01から$21.13まで上昇した。

しかしこれはリスクがないという意味ではない。
仮想通貨市場では価格が低下することもあれば破産する通貨も存在する。

これらの通貨の価格上昇は我々が主張してきた各コインの革新的な技術や将来性
のような素晴らしい要素の証明になる。

上記の3つ通貨を高く評価した一方で

Weiss RatingsはZcashの模倣品について3種類のコインを使ってクレイトン氏への意見を述べた。

Zcash
このコインを使うことで匿名性がたもったまま、だれが何を所有しているのかわかる。
ブロックチェーン上で不正なしで選挙を行うことができる。ハッキングから守ることができる。
このように素晴らしいコインに3つの模倣品が存在している。

~Zclassic~
Zcashのマイニング税を中央集権的だと批判し、
それを言い分にコードをコピーして、Zcashの技術を利用して作った模倣品コインだ

~Biticoin private~
Zclassicに自主的なマイニングのプログラムを加えることで生まれたコインである。
これによりほぼZcashと同じものになった。Zcashと異なる点はビットコインという名前を付けることでブランディングを持っている点だ。

~Biticoin prime~

Biticoin privateで投資家を困惑させても模倣品を作ることをやめません。
Biticoin primeはPrime Coinというほぼなくなりそうなコインのコードをコピーしてつくった模倣品である。

Weiss Ratingsは投資家へ守ってほしい3つのルールを発表しました。

投資家への3つのルール

  1. 投資するときにB評価以上の通貨にに焦点をあてて投資すること
  2. D+評価以下のコインの破棄
  3. Weiss Ratingsが評価対象としないような安価な模倣品に手を出さないこと。

まとめ

Weiss Ratingsで格付けを行っているのはプロの仮想通貨集団です。
今回称賛しているEOS、NEO、Cardanoの技術力や将来性は信頼しても問題ないということができるかもしれません。
どの通貨を買おうか迷っている方は通貨を購入する参考にしても良いと思います。

一方でEOS,NEO,ADAがどのような特徴を持っているのかということをしっかり理解したうえでの購入することをおすすめします。

Weiss Ratingsの仮想通貨格付でB+と高評価を得たイオス(EOS/EOS)の特徴や将来性まとめ

2018.03.27




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です