仮想通貨がトルコとアルゼンチンの経済危機を救う。CoinTextが利用可能に!



トルコとアルゼンチンで、SMS(テキストメッセージ)でビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)の送金が可能になったことをAMB CRYPTOが18日に報道しました。

現在、トルコとアルゼンチンは経済危機に直面している最中です。そのため、法定通貨から仮想通貨への資産の逃避が促進されています。

今回、CoinTextが両国で利用可能になったことで、ビットコインキャッシュの保有が促進される可能性が高くなっています。

CoinText(コインテキスト)とは何か?

CoinTextとはSMS(テキストメッセージ)だけで仮想通貨を送金できるサービスのことです。

CoinText公式ツイッターに、CoinTextの概要がわかる動画がのっていましたのでぜひご覧ください。

CoinText(コインテキスト)の概要を説明する

CoinTextでは、自身の携帯電話番号と仮想通貨のウォレットが紐づけされるようになっており、送信したい仮想通貨の金額と、送信先にあたる電話番号を入力するだけで簡単に送金できるようになっています。

例えば、「Sent 1ドル 電話番号」と送信すると、入力した電話番号あてに1ドル分のビットコインキャッシュが振り込まれるようになっています。

送金にあたりSMSを利用するのでインターネットを利用する必要がない他、SMSはどの携帯電話にも標準搭載されているため、新たにアプリをダウンロードする必要がありません。

さらに言えば、SMSはガラケーにも搭載されているのでスマホでなくても送金が簡単にできるような仕組みとなっています。

現在、CoinTextは以下の地域で利用できます。詳細はCoinText公式から確認できます。

CoinText(コインテキスト)のメリットとは?

CoinText最大のメリットはガラケーさえ保有していれば自由に送金、受け取りが簡単にできる点にあります。

またインターネットを必要としない点も大きなメリットであります。

そのため、銀行口座やインターネットに接続する手段を持たないアンバンクドの人々であっても仮想通貨を利用することができるのです。

CoinTextの詳しい解説はこちらの記事でしていますので、ご覧ください。

銀行口座やインターネットなしでの送金を可能にするCointext(コインテキスト)とは?

2018.05.23

CoinText(コインテキスト)にライトコイン(Litecoin/LTC)とダッシュ(Dash/DASH)が追加される

今までCoinTextはビットコインキャッシュのみに対応していましたが、2018年9月下旬より新たにライトコイン(Litecoin/LTC)ダッシュ(Dash/DASH)にも対応しました。

これにより、ライトコインやダッシュもCoinTextで送金を行えるようになります。

CoinTextの創業者であるVin Armani氏は「最終的に人々が、仮想通貨を現金のように使うことに力を入れていきたい」と仮想通貨のさらなる普及を目指していく旨を述べています。

CoinText(コインテキスト)がトルコとアルゼンチンで利用可能になる

CoinTextがトルコとアルゼンチンで利用可能になりました。国内だけでなく国外の番号とも取引ができます。

なぜCoinText(コインテキスト)がトルコとアルゼンチンで導入されたか

トルコとアルゼンチンでは、米ドルに対する法定通貨の価値が昨年と比較して半分ほどに下落しています。

トルコとアルゼンチンの詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。

トルコリラ暴落で仮想通貨が普及!今後トルコでは仮想通貨が主流になる【G20】

2018.10.13

Uberが仮想通貨発展のきっかけ!?【G20】アルゼンチンの仮想通貨は今後どうなる?

2018.09.23

法定通貨の価値が落ちた結果、両国内では法定通貨を仮想通貨に交換する動きが進んでいます。

世界銀行のと最新のデータによると、全人口に対するインターネットユーザーの割合はアルゼンチンが70%、トルコが64%となっています。

SMS(テキストメッセージ)を使って電話番号のみで仮想通貨を送金できれば、非インターネットユーザーの仮想通貨保有を促進できる可能性があります。

CoinTextのインターネットがなくても送金できるというメリットを活用し、両国内での経済を活性化することが期待されています。

CoinText(コインテキスト)は経済危機を救う手段になる

CoinTextは銀行口座やインターネットに接続する手段をを持たない人々であっても仮想通貨を利用することができます。

経済危機に直面している国では、法定通貨の価値が落ちているため、仮想通貨の需要が高くなります。実際にトルコとアルゼンチンでは、法定通貨から仮想通貨に資産を移している人が増えています。

仮想通貨の需要が高くなると、仮想通貨を送金する手段が必要になります。

そこで仮想通貨を送金する手段としてCoinTextが使われるようになると、仮想通貨の流通が活発になり、経済の活性化につながることが予測できます。

CoinTextは導入国なら国際送金も可能になるため、途上国同士の送金も途上国と先進国の送金も携帯電話一つで可能です。

そのため、CoinTextが経済危機を救う一つの手段として期待されているのです。

CoinText(コインテキスト)のニュースをまとめる

CoinTextはかなり早いペースで導入している地域を増やしています。現在はヨーロッパ・北米を中心に普及していますが、日本にも近いうちに導入される予定です。

対応通貨を増やしていることもあり、今後は利便性がさらに高まることが考えられます。

日本での導入はまだではありますが、事前予約なども始まっています。興味のある方は是非チェックされてみてはいかがでしょうか。

CoinText公式

今後のCoinTextの普及に要注目です。




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です