【gumi】仮想通貨・ブロックチェーン事業参入へ30億円のファンドを設立



スマホゲームの開発・運営をしているgumi(グミ)は30日、仮想通貨・ブロックチェーン事業に参入すると発表しました。
2月に設立した30億円規模の投資ファンドを通じて、仮想通貨・ブロックチェーン技術を使ったサービス等を提供する企業に出資していく予定です。
すでにアメリカのいくつかのICO案件に出資済みであると、併せて発表しています。

自社による仮想通貨関連の新事業は現在企画段階であり、具体的な内容等は未定です。

gumiはどんな事業をしている?

gumiは、「情報革命時代を代表する世界No.1 エンターテイメント企業になる」ことをビジョンに掲げ、以下の3つの事業を主に行なっています。

  1. モバイルオンラインゲームの開発・運営
  2. VR/AR 領域における国内外への有力企業への投資とコンテンツ開発
  3. モバイル動画領域における投資

この3つに今回発表された仮想通貨・ブロークチェーン領域における有力企業への投資が加わります。
gumiはコンテンツ開発とともに、投資を重視している企業であり、「急拡大が見込まれる市場において早期に優位なポジションを築くことが重要である」と考えています。
仮想通貨・ブロックチェーン市場においても同様に、早い段階で市場における優位なポジションを確保するために、仮想通貨・ブロックチェーン関連の投資ファンドを設立したと推測できます。

国内上場企業が仮想通貨事業に参入している

先週から国内上場企業が続々と仮想通貨関連事業への参入を発表しており、国内企業の仮想通貨への関心の高さがうかがえます。

仮想通貨関連事業への参入を発表した国内上場企業

  • マネーフォワード
  • エイベックス
  • ドリコム
  • やまねメディカル
  • アドウェイズ

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

【エイベックス】独自電子マネー開発へ 仮想通貨発行も視野に

2018.05.25

マネーフォワード、仮想通貨・ブロックチェーン産業に参入へ

2018.05.24

国内企業の参入によって、国内の仮想通貨熱があがってきていています。
実際の生活で仮想通貨が使われるようになると、日本国内での仮想通貨の需要は一気に高まるかもしれませんね。
今後の国内企業の動きに要注目です。




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です