仮想通貨の保管にはモバイルウォレット!おすすめモバイルウォレット3選



仮想通貨を保管する場所を「ウォレット」と呼びます。

CoincheckのNEM流出事件などにより、仮想通貨を保管するウォレットはよく考えて選ぶ必要があると認識させられました。
仮想通貨を保管するウォレットは、保管方法が異なるいくつかの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

この記事ではCoin info編集部イチオシのモバイル(スマホ)ウォレットについて、詳しく説明していきます。

ウォレットの種類についての詳しい解説はこちらの記事を読んでください。

ウォレットってなに?自分の資産を守るために知るべき種類や保有時の心がけ

2018.04.16

モバイルウォレットとは

ここで紹介するモバイル(スマホ)ウォレットとは、仮想通貨を保有するモバイル端末(スマートフォン)に仮想通貨を保管するウォレットです。
スマートフォンに専用のアプリをインストールすることで利用することになります。

モバイルウォレットは持ち運びがカンタンな利便性に加え、肝心の安全性に対しても一定の評価がされています。

それでは、具体的なモバイルウォレットの仕組みやメリット・デメリットなどを見ていきましょう。

モバイルウォレットの仕組みとは

モバイルウォレットは、仮想通貨を管理するために必要な秘密鍵やアドレスを自分のスマートフォン内で管理します。

仮想通貨の銀行口座に当たるアドレスは、自分だけが知っている秘密鍵によって作成されます。
そのため、この秘密鍵やアドレスをしっかりと管理しておく必要があるのです。
まさに銀行取引における暗証番号と同じく重要なものであると言えるでしょう。

モバイルウォレットでは、秘密鍵やアドレスの管理をスマホのアプリ内で完結させます。

スマホが手元にあれば、いつでも送金をすることができます。

モバイルウォレットのメリットとは

次にモバイルウォレットのメリットをあげていきます。

モバイルウォレットのメリットは3つあります。

  • どこでも使える利便性
  • セキュリティの高さ
  • 実生活の決済で使える汎用性

それぞれを詳しく解説していきます。

どこでも使える利便性がある

モバイルウォレットの最大のメリットはどこでも使えることです。

スマートフォンは、私たちの最も身近に存在するものの一つです。
モバイルウォレットにすれば、物理的な財布などを別途用意する必要はありませんので、持ち運びがかなり容易になります。

セキュリティの高さがある

スマートフォンなどのモバイル端末には、使用者本人のみが知る画面ロックがあります。
つまり、モバイルウォレットのロックと二重でパスワードによる保護があると言えます。

また、アプリ自体は、Apple Storeなどによるチェックがあるので、安心が持てると言えるでしょう。

使いやすさを含め、口コミも参考に、手軽にアプリを比較・検討できることも魅力です。

実生活の決済で使える汎用性がある

仮想通貨を用いて、実際の店舗での決済に使える場面が少しずつ増えてきています。
ビッグカメラでは家電などの買い物をした場合に仮想通貨を用いて決済ができるほか、一部の先進的なレストランなどでも決済ができます。

日本で仮想通貨決済が可能なお店をこちらの記事で紹介してますので、参考にしてください。

仮想通貨を日本で決済できる店舗・サイトまとめ!クレジットカードと比較したメリットとは?

2018.04.12

モバイルウォレットを使っていると、QRコードを読み取ることで簡単に決済することができるので、大変便利です。

日本だけでなく、広く海外でも同じように決済する場所が増えており、モバイルウォレットを使えば海外旅行のときに両替をする必要がなくなります。

またモバイルウォレットにより、知人間の送金もその場で簡単にできます。
実際にホリエモンこと堀江貴文氏は、知人への送金を仮想通貨でしています。

堀江氏の仮想通貨への考えを、こちらの記事にまとめていますので参考にしてください。

ホリエモンが仮想通貨に期待する将来性に対する考えまとめ

2018.05.28

モバイルウォレットのデメリットとは

次に、モバイルウォレットを使用した場合のデメリットを解説していきます。

スマホが壊れると通貨が取り出せなくなる

まずはイメージしやすいと思いますが、スマートフォンそのものが壊れると、モバイルウォレット自体にもアクセス出来なくなってしまいます。

モバイルウォレットにアクセスできなくなると、仮想通貨の入出金ができなくなります。

モバイルウォレットにおけるスマートフォンの故障は、仮想通貨を紛失することに近いです。

対応している通貨の種類が少ない

モバイルウォレットに対応している仮想通貨は、現時点ではビットコインをはじめとする有名通貨が中心です。

アルトコインのまま保有したい場合には、モバイルウォレットは不向きです。

モバイルウォレットに保管するには、通貨が限られてしまい不便です。

流出するリスクがある

モバイルウォレットはスマートフォンにて通貨を管理するため、常にオンラインの環境下で使用します。

ハードウェアウォレットやペーパーウォレットと比較すると、モバイルウォレットはセキュリティレベルが高くありません。

モバイルウォレットはハッキングなどのリスクがないとは言えません。

セキュリティレベルが高いCoin info編集部がおすすめするハードウェアウォレットをこちらの記事で紹介しています。

コインチェック問題で需要が高まったハードウォレット3選

2018.04.26

究極のセキュリティを誇るペーパーウォレットの作り方はこちらの記事で紹介しています。

1分で作成!究極のセキュリティ「ペーパーウォレット」の作り方

2018.06.06
モバイルウォレットのメリットとデメリットをまとめたものは以下の通り。

【モバイルウォレットのメリット】
  • どこでも使える利便性
  • セキュリティの高さ
  • 実生活の決済で使える汎用性
【モバイルウォレットのデメリット】
  • スマホの故障による通貨の紛失のリスク
  • 対応している通貨の種類の少なさ
  • 流出するリスク

モバイルウォレットを使うときに注意すべきポイントとは

モバイルウォレットを使用する場合に注意しておきたい点を確認します。

1点目は、バックアップを取っておくことです。

これは何もモバイルウォレットに限ったことではありませんが、形あるものはいつか壊れます。
そのため、万が一の場合を想定して、秘密鍵やアプリの復元コードを紙に書いて保管しておきましょう。

2点目は、セキュリティソフトのインストールをすることです。

情報を抜き取られないように、ウィルス対策ソフトを必ず入れておきましょう。
セキュリティソフトをインストールし、コンピュータウィルスへの対策を怠らないことが大切です。

また、基本的なことですが、物理的な保護も大切です。既に行なっている方も多いですが、スマートフォンにカバーをつけることも重要な対策の一つです。

【モバイルウォレット使用上の注意点】
  • バックアップを必ず取っておく
  • セキュリティソフトを必ずインストールする

Coin info編集部がオススメするモバイルウォレット3選を紹介

最後にCoin info編集部がおすすめするモバイルウォレットを3つに絞ってご紹介します。

Ginco


まずおすすめのモバイルウォレットがGincoです。

Gincoは開発元が日本の企業であり、アプリが日本語に対応している点が最大の強みです。

使いやすいシンプルなユーザーインターフェイスで、同社が言う通り、説明書とにらめっこせずにスムーズに使い始められます。
また、独自の暗号通信技術により、高いセキュリティ水準を誇っています。

現在はビットコインをはじめ、イーサリアム・ライトコインなど14通貨に対応していることも特徴です。

まだ、リリースされて日が浅いので、今後の開発状況などを見ていく必要があるものの、全体的に見て、オススメできるモバイルウォレットです。

Jaxx

2つ目のおすすめモバイルウォレットはJaxxです。
Jaxxはモバイルウォレットアプリを提供するカナダの企業のサービスです。

Jaxxの最大の強みは、対応通貨の豊富さです。

Android版とiOS版では対応通貨数に少し違いがありますが、50通貨以上のビットコイン・アルトコインに対応しています。

また、デスクトップウォレットにも対応していることから、仮にスマートフォンが壊れたとしても、復元することが出来るのは安心です。
一方で、過去に一度盗難事件が発生したことがあり、セキュリティ面では不安があるのはややマイナスポイントです。

BitPay/copay

最後にBitPay/copayをご紹介します。
copayがBitPayに統合され、現在は1つのサービスになっています。

BitPayはWindowsやMac、iOS、Android全てに対応する、デスクトップウォレット・モバイルウォレットです。

BitPayの最大の強みは、何と言ってもセキュリティ水準の高さです。

BitPayでは「マルチシグ」と呼ばれる技術を採用しており、これは一つのアカウントを複数の秘密鍵で管理することができます。
そのため、二段階認証とするなど、セキュリティ水準を厳格にする対応ができます。

日本語に対応したユーザーインターフェイスを備えていることも、日常使いにはうれしいポイントです。

Coin info編集部のおすすめするモバイルウォレットをまとめてみた

ここで、ご紹介した3種類のモバイルウォレットについて、表形式でまとめてみます。

日本語対応 セキュリティ 取扱通貨の種類
Ginco
Jaxx
BitPay

総合力ではGincoが最もオススメ度が高くなります。
これからモバイルウォレットを使い始める方には、Gincoをまずおすすめします。

セキュリティをより重視したい場合はBitPayを選択しましょう。
ビットコインだけではなく、アルトコイン全般を幅広く取り扱いたい場合には、Jaxxがオススメです。

モバイルウォレットのまとめ

モバイルウォレットは、その持ち運びの容易さが最大のアピールポイントです。

一度使い始めると、そのほかのウォレットには変えられないかもしれません。
しかし、扱える仮想通貨の種類とセキュリティを両方とも高い水準で満足させるモバイルウォレットは今のところ多くはありません。

今後は、仮想通貨がより一層私たちの生活に浸透することで、仮想通貨決済の需要が伸びてくることが予想できます。
それに伴いモバイルウォレットの需要も伸びていきます。

モバイルウォレットが必需品になるその日は遠くありません。
今のうちにモバイルウォレットを一つ持っておくことをおすすめします。




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です