ERC20だけではない!?ERCの進化についてこられるか?



仮想通貨を取り扱う上でERCは必ず知っておくべき用語の一つになっています。

仮想通貨イーサリアムはビットコインに次ぐ支持率を得ており、世界的な規模でビジネスにも導入されるようになりました。ERCはイーサリアムを利用する上で重要な用語であり、イーサリアムを支える基盤です。

イーサリアムをもっと深く理解する。イーサリアムアップデートの歴史まとめ。

2018.10.31

イーサリアム(ETH)は今後どうなる?実用化に向けた将来性を読んでみる 

2018.10.02

【ビットコイン神話説】仮想通貨の歴史から読み解く仮想通貨の今後と全体像

2018.09.06

ERCの種類は豊富であり、それぞれの特徴や性質、生まれるようになった経緯も多様に渡ります。

ERCとは何か解説する

『Ethereum Request for Comments』の略称がERCであり、特定の仮想通貨ではなくICOを通じて発行したトークンの技術仕様を意味します。世界中のインターネットが繋がるようになったように、トークンの共通仕様を作ることでウォレットの保管がしやすくなりました。
また、同じ技術が世界規模で使われることによって、高い信頼にも繋がります。
このようにERCはトークンとウォレットの作成を大きくサポートして、コミュニティとユーザーの発展にも役立てています。

ERC20とは?言葉の意味から対応通貨まで徹底解説

2018.06.24

ERCの種類はどんなものがあるのか

ERCの種類は非常に豊富です。それぞれのトークンによって生まれた経緯は異なっており、特徴や性質も変わります。
トークンの種類も非常に豊富であり、今後も増える可能性が非常に高いです。まずは現在普及しているトークンの種類から知っていきましょう。

ERC20とERC20を改良して生まれたものを説明する

ERC20を解説する

まず、最も利用されているのがERC20です。

ERC20はICO(仮想通貨を利用した資金調達)に役立つトークンであり、イーサリアムのブロックチェーン上で利用されることを目的としています。

ERC20が導入されたことで、ERC20によって稼働しているトークンが一つのウォレットで保管できるようになりました。イーサリアムとイーサリアムクラシックを初めとして、ERC20で動くトークンは豊富にあります。

ERC20で動くトークンの例
    ChainLink Token、BNB、OmiseGO、ZRX、BAT、Aeternity、Zilliqa、Pundi X Token、HoloToken

バイナンスコインの特徴とは?今後の価格、将来性や実用性を考察!

2018.10.29

東南アジアで躍進を続けるオミセゴー(OmiseGO/OMG)の特徴や将来性まとめ

2018.04.19

ERC223を解説する

ERC223はドージコインの運用に役立てている規格です。

ERC20の改良型であり、送金にかかる手数料を節約できることが大きな利点です。また、ERC20の特徴であるスマートコントラクト(契約の自動執行)において手順を間違えると、契約が成立せずにコインが無くなる問題も解決しました。

ERC223は送り先を間違えてもコインが消滅せず、自動的に返金されます。誤送信によって資金が消えるリスクがなくなれば、ビジネスの場面でも導入される機会が増えます。

スポーツファンにとって便利な仮想通貨のNANJ COINの規格として活躍しています。

ERC223で動くトークンの例
NANJ COIN、PublicWelfareCoin、TTV、JSE Token、Bethereum

NANJの将来性を口コミやロードマップ、ホワイトペーパーから考察してみた

2018.05.19

ERC777を解説する

ERC777は2018年11月時点では実施が少ないですが、ERC20の機能を向上させたトークンの一つとされています。

より安全な契約が実行可能であり、また取引の処理速度も上昇しています。

契約の度にトークンの送受信が可能となっており、一つのアドレスに対して自分専用のトークンを移動できるアドレスも獲得できます。

トークンの作成や破棄、そして受け取りたくないトークンを拒否することも可能です。トークンのデータ付与も可能となっていて、トークンのやり取りと同時に必要な情報も得られます。

ERC777のトークン発表は行われていませんが、2018年7月にはERC20やERC223との比較記事も書かれたことがあり、今後が期待されているトークンの一つです。

ERC20 最も利用されている
ERC223 送金にかかる手数料が安い
間違えて送ったトークンを送り主に戻せる
ERC777 安全な契約が実行可能
トークンの作成、破棄、拒否が可能

ERC20と後方互換的なものとその改良版を説明する

ERC721を解説する

イーサリアムのブロックチェーンで行われているスマートコントラクトであり、NFT(Non-Fungible Token)を扱えるようになるトークンがERC721です。

NFTとは代用不要なトークンのことであり、Dapps(イーサリアムのブロックチェーンで生成されるアプリ)でデータの改ざんを行うことを防ぐことができます。

Dappsでゲームを楽しむ際、登場キャラクターのデータを不正に書きかえることができなくなるので、公平に遊ぶことができます。また、希少価値の高いデータのコピーも不可能となっていて、ERC721トークンがあればデータの価値を守れるメリットもあります。

他のトークンが代用可能となっているのに対して、唯一無二のトークンを生み出すことを目的とされたのがERC721です。既にイーサエモンで実装されていて、多くのプレイヤーから支持を得ています。

ERC721で動くトークンの例
Decentraland LAND、Chainbreakers Items、Evolution Land Objects、EtheremonAdventure、Crypto Pepe

ERC721xを解説する

ERC721の性能を向上させたトークンがERC721xです。

ERC721トークンは、ゲーム内で大量のアイテムを移転する場合になったら、手数料が割高になるデメリットがありました。トークンの大量送金を可能とし、ERC721との互換性も持たせています。

Dappsの作成の他にも、企業の株式にも活用が期待されていて、ERC721が利用できるツールにもERC721xは対応しています。ERC721xで動くトークンはまだ発表されていませんが、今後はブロックチェーン上で生成されたゲームが盛り上がっていくでしょう。

ERC998を解説する

ERC721トークンをベースにして新しく生み出されたのがERC998です。

Axie Infinityの実装が予定されており、ERC721と同様に代用不可のトークンを生み出していることが大きな特徴です。

ERC721では別々のトークンとして扱われていても、ERC998トークンであれば一つにして送ることができます。データ送付の効率化を進められることがメリットです。

2018年11月時点でトークンとしての実用例はありませんが、Axie Infinityの実装で知名度を上げていくことが期待されます。

ERC721 代用不可能なトークン
ERC721x 大量送金可能
ERC998 トークンを一つにまとめて送ることが可能
データの効率化
ERC1155 20と721のハイブリッド型
取引の超効率化

特定の目的をもって生み出されたものを説明する

ERC1155を解説する

ERC1155はDappsのゲームを盛り上げるための規格であり、取引の効率化を大きく進めることに成功しました。

ERC20やERC721の場合、一つの取引で送ることができるアイテムは一つだけで、余分な手数料がかかりました。

ERC1155は複数のアイテムを一度に送信できるようになり、時間と手数料の節約に成功しています。同時に複数のプレイヤーにアイテムを送ることも可能です。

2018年7月にプラットフォームのEnjinCoinにERC1155導入が発表されており、ゲームをより楽しくプレイすることができます。

また、今後はゲームに限らずビジネスの場面でも応用されることも期待できます。

実施しているトークンは2018年11月の時点で登場していませんが、その機能は大いに期待できるでしょう。

ERC621を解説する

ERC621はRe-FungibleTokenとも呼ばれており、RFTの略称としても浸透しています。

トークン供給量の増加や減少を自分で設定することが可能であり、音楽や絵画を初めとした芸術作品の著作権や保有権の運用に向いています。

アーティストが自分の作品の著作権を守るため、独自のERC621トークンを発行します。トークンを配布された側のみが、作品の閲覧権が得られるので不正利用や音楽や映像の違法ダウンロード防止に役立ちます。

口コミによって作品の知名度が広まれば、トークンの価値は上がります。また、所有権を売却すれば利益を得ることもできることも利点です。Hash RushというゲームはERC621を利用していて、多くのユーザーから愛用されています。

ERC621で動くトークンは2018年11月時点で発表されていませんが、Hash Rushの成功次第でERC621トークンの登場にも期待できます。

ERC864を解説する

ERC864はERC621とERC721の特徴を併せ持ったトークンです。

ERC721の代用不可能となったトークンであるNFTを、ERC621のように保有権を分割して運用するトークンになります。

これまでは代用不可能なトークンの保有者はたった一人に限定されていましたが、他の誰かと共有したくなった時のためにERC864が登場しました。

ERC864を実施するトークンはまだ登場していません。新しい規格を普及させるには既存のERCを広めることが必要です。

今後、仮想通貨の普及と共にERC864が世界に流通する可能性も上がります。

ERC884を解説する

デラウェア州議会の法律に基づいて導入されたトークンがERC884です。

トークンの保有者は身分を証明する必要があり、ホワイトリストに登録されている必要があります。社会的信用が保障されている人間のみが利用を許されているので、健全な運用が期待されています。

ブロックチェーンの特徴である取引履歴の確認が可能となることを後押しするので、よりお金の安全な運用が保障されます。

トークン自体の発行例はありませんが、デラウェア州を中心にして今後の展開が期待できます。社会的信用が求められるトークンが広まれば、賄賂や犯罪組織への送金を防ぐことも可能です。

ERC948を解説する

イーサリアムでサブスクリプリョンの課金モデルを実現させるために生み出された規格がERC948です。自動的な支払いが可能となれば、ユーザー側も効率よくイーサリアムの決済を利用できます。

動画サイトなどで会員登録をする際、月々の利用料金を支払うでしょう。同様に、イーサリアムを利用したサービスの支払いに役立つのがERC948トークンの大きなメリットです。

現状ではまだ大きく普及していませんが、Dappsの数が増えれば普及の可能性も上がります。

ERC1068を解説する

仮想通貨ETHLendの規格として利用されているのがERC1068です。

2017年11月にETHLendのICOが実施されて、海外の仮想通貨取引所で上場されました。ローンやクラウドファンディングなど、仮想通貨を利用した貸し借りをスムーズにすることが目的であり、仲介業者を挟む必要はありません。

ウォレットがあれば誰でも貸し借りを行うことが可能であり、またローンもわずか数分で申請することができます。取引の履歴も確認できるので、資金の流れも透明性が保障されます。

ERC1068で動くトークンの例
ETHLend

ERC1070を解説する

ERC1070はStandard Bountiesとも呼ばれており、ERC20トークンやイーサリアムで支払う際に生じる特典を作るためのトークンです。資金の管理をスムーズにさせることが目的になっており、また仕事によって生じた結果の評判の検索も効率化させます。

導入している有名なDapps及びトークンはまだ存在しませんが、特典の提供と、資金の流れや口コミを効率的に把握できることが大きな特徴です。

ERC621 トークン供給量の増減を設定可能
ERC864 トークンを他社と共有可能
ERC884 デラウェア州で誕生
身分証明が必要なので社会的保障につながる
ERC948 サブスクリプションモデルの課金モデルを実現可能
ERC1068 仮想通貨の貸借をスムーズ化
ローン申請に適している
ERC1070 特典作成可能
評判の把握が容易

ERCの派生と今後についてまとめる

ERCのトークンはERC20を基点として、種類が増えるようになりました。仮想通貨イーサリアムが世界的に普及するようになり、ERCの性能も上昇する傾向にあります。

上記で紹介した種類の他にも規格は多く揃っていて、今後も新しく誕生する可能性は充分にあるでしょう。同時にトークンの価値も上がっていきます。

今後、仮想通貨と同時にDappsも普及するようになり、ERCトークンの存在がより重要視されます。投資やビジネス、そして決済など何らかの形で仮想通貨と関わる機会があれば、ERCについても知ってみましょう。

ERC20の進化版 ERC20 最も利用されている
ERC223 送金にかかる手数料が安い
間違えて送ったトークンを送り主に戻せる
ERC777 安全な契約が実行可能
トークンの作成、破棄、拒否が可能
後方互換的なものと進化版 ERC721 代用不可能なトークン
ERC721x 大量送金可能
ERC998 トークンを一つにまとめて送ることが可能
データの効率化
ERC1155 20と721のハイブリッド型
取引の超効率化
特定の目的を持ったもの ERC621 トークン供給量の増減を設定可能
ERC864 トークンを他社と共有可能
ERC884 デラウェア州で誕生
身分証明が必要なので社会的保障につながる
ERC948 サブスクリプションモデルの課金モデルを実現可能
ERC1068 仮想通貨の貸借をスムーズ化
ローン申請に適している
ERC1070 特典作成可能
評判の把握が容易




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です