ERC20とは?言葉の意味から対応通貨まで徹底解説



仮想通貨に投資しようとする場合やICOにトライしてみようと考えて、色々と調べていると、時折ERC20という言葉に出会います。
これは何を意味する言葉か知っていますか?
本稿では、この言葉の意味から始めて、なぜERCなるものが必要なのか、使うとどんなメリットがあるのか、などを解説していきたいと思います。

ERC20とは?

まずは、ERCそのものの意味から確認します。ERCとは、Ethereum Request for Commentsの大文字部分(頭文字)を取ったものです。何か特定の仮想通貨を指しているのではなく、ICOなどを通じて発行されたトークンの基本的な技術仕様を示しています。ERC20とは、20番として番号をつけられた様に準拠していることを示しているのです。

ERC20のメリット

メリット

  • ウォレットの統一など受け取る側が便利
  • トークンを一からつくらなくてもよい
  • ICOでもある程度安全性を判断できるようになる

ERC20に準拠していることのメリットは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、表形式でそのメリットを、それぞれの当事者の立場から見ていきます。

メリット
トークンの作り手 共通の仕様に基づくので審査が通りやすい
ウォレット 独自のウォレットを用意する必要がなく、共通のウォレットが使用できる
ICO参加者 詳細に技術を検証する必要がなく、一定の安心感が持てる

このようにそれぞれの当事者から見ても、ERC20には多くのメリットが期待できると言えるでしょう。

対応ウォレット

ERC20に準拠したトークンについては、同じくERC20に対応したウォレットが必要になります。
仮にICOに応募したとしても、対応したウォレットがないと受け取りが出来ないからです。

その対応したウォレットには、いくつか種類がありますので、それぞれのウォレットの特徴を見ていきたいと思います。ご自身の状況に応じて、最適なウォレットを選択してください。

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)

MyEtherWalletは、ERC20に対応したポピュラーなウォレットです。
日本語にも対応しており、初心者にも優しいウォレットです。
また、コールドウォレットであり、秘密鍵の流出にも配慮できることは安心な点です。
Etherreum系のトークンを複数持っている場合、使い勝手の良いウォレットと言えるでしょう。

作成方法は簡単です。
まずは、こちらのリンク先にアクセスします。
リンク先を辿った直後は、文章が英語になっていると思いますので、右上のプルダウンメニューから、日本語を選択しましょう。
その上で、パスワードの設定、秘密鍵のダウンロードを行います。
秘密鍵はしっかりと保管しておきましょう。手続きは以上で終了です。

Metamask

MetamaskはGoogle Chrome上で使うことが出来るウォレットになります。
Google Chromeをお使いの場合は使いやすいウォレットになります。

まずは、こちらのリンク先を辿り、Google Chromeを選択の上、Google Chromeにインストールする拡張機能を選択する画面が現れますので、そのままインストールします。

インストールが完了したら、いくつかの利用規約の承認画面などが出てきますので、それらを承認します。
その後、ウォレット作成画面になりますので、CREATEという作成ボタンを押してウォレットを作成します。
Seed Wordsというパスワードを忘れた時に必要になるものですので、忘れずにメモしておきましょう。

HBwallet

HBwalletはスマホでお手軽に管理出来ると人気のウォレットです。
設定も至って簡単です。
こちらのリンクからApp Storeなどを経由して、HBwalletを選択し、ダウンロードしましょう。言語の設定を日本語にし、ウォレットの作成ボタンを押すと手続きは終了します。
特段、個人情報を入力するような手間はありませんので、1〜2分で終了します。

ERC対応通貨

対応ウォレットについて見てきましたので、ここからは、ERC20に対応しているトークンについて見ていきたいと思います。

有名通貨はかなり多くが対応している

ERC20に対応しているトークンはたくさん誕生していますが、何も時価総額が小さいものが多いわけではありません。
有名なトークンも多数存在します。
直近(2018年6月24日時点)のCoinMarketCapの時価総額ランキングでは、Ethereum(2位)をもちろんのこと、EOSが5位、TRONが9位につけています。また、OmiseGoも19位と、時価総額が大きなトークンに育っているものが多いのです。

対応通貨の調べ方

数多くのトークンがERC20に準拠していることは分かりましたが、実際にどのようなトークンがERC20に対応しているのでしょうか。
これを知りたい場合には、リンク先にあるEthereumのToken Trackerを使うのが便利です。
ERC20に準拠しているトークン毎に価格、前日比、直近24時間の取引高、時価総額の基本情報が確認できます。

まとめ

本稿を通して、ICOなどに投資しようとする時のみならず、通常の投資活動においても、ERC20があることの恩恵をお分かりいただけたのではないかと思います。
ERC20をもとにしているということで、詳しく理解していなくても、安心感を持って投資することができます。
また、ERC20は対応するウォレットを選択する基準にもすることが出来ます。
ぜひ本稿の内容を参考にしていただき、有意義な投資活動を行いましょう!




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です