ビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ2度目のハードフォークを起こすのか?



仮想通貨は頻繁にハードフォークが行われており、その度に仮想通貨は性能を上げています。

ビットコインもハードフォークが行われた結果、ビットコインキャッシュが誕生しました。そしてビットコインキャッシュも2018年11月15日にハードフォークが予定されています。今回はその理由について考察します。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)の機能性と実用性から将来性を読んで見る

2018.03.27

ビットコインキャッシュ(BCH)をおさらいする

ビットコインキャッシュ(BCH)とは何か

ビットコインキャッシュとは、2017年8月1日にビットコインのハードフォークによって出来た仮想通貨です。
簡単に言えば、データを保管していた倉庫が本社と支社に分かれたようなもので、取引データは全く異なることから、ビットコインとビットコインキャッシュは全くの別通貨となります。

ハードフォークとは
「ハードフォーク」はブロックチェーンに関連した専門用語です。
ブロックチェーンは、仮想通貨の取引に関わるデータをチェーン(鎖)状に蓄積して形成されています。
その取引に関するブロックの容量を増やすことで、ブロックチェーンが分岐して、チェーンが変わることを「ハードフォーク」と言います。
この「ハードフォーク」の利点は、ブロックチェーンの容量を増やすことで、その性能を高めることに繋がり、より取引の利便性が高まります。
ただし、「ハードフォーク」によって、これまでのチェーンが使えないため、これまでの情報を蓄積してきたチェーンと新しいチェーンが平行して存在することになります。

ハードフォークとは何か?仮想通貨に市場にもたらすメリットとデメリット

2018.04.04

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコインはどれが一番優れている?決済型通貨を徹底比較

2018.09.19

ビットコインキャッシュ(BCH)はどう生まれたのか

ビットコインの普及スピードがあまりにも速かったせいで取引量の増加し、決済とデータの処理速度が遅くなってしまうスケーラビリティ問題が起きてしまいました。

スケーラビリティ問題とは!?価格への影響の仕組みを解説

2018.08.15
その不具合を解消する目的として、ビットコインキャッシュが生み出されました。
ビットコインキャッシュはデータを保管するブロックのサイズが8メガバイトにまで拡大されており、セキュリティ面でも性能を上げています。
ビットコインと同様の性質を持っているため、ビットコインキャッシュの決済に対応する店舗も世界中で増えています。

【訳まとめ付き】ビットコインキャッシュ(BCH)が日本のコンビニで使えるようになる?!

2018.06.05
ビットコインキャッシュは2018年中に2回ハードフォークを行うとされており、2018年1月にはビットコインキャッシュがハードフォークされ、ビットコインキャンディーが生まれました。
そして今回、2018年11月15日に3回目のハードフォークが起きます。

今さら聞けないビットコインとビットコインキャッシュ分裂騒動の背景とは

2018.08.14

2度目のビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークに至る流れを解説する

ビットコインキャッシュのハードフォークを前に仮想通貨の業界は大きな盛り上がりを見せています。
ZaifやPoloniexなどの仮想通貨取引所もビットコインキャッシュのハードフォークに対して、先物取引や顧客の保有残高のスナップショット所得など、多くの発表を行っています。
2018年5月に行われたハードフォーク以来、二度目になるハードフォークになるので仮想通貨市場でも注目のニュースです。

いつからうわさされ始めたのか

仮想通貨は世界規模で利用者が増えるようになった影響で、常に変化が求められるようになりました。
既存のシステムでは世界規模のユーザーに対応できないので、定期的なハードフォークが必要です。

2018年1月にもビットコインキャッシュはハードフォークが行われており、そして同年5月にはハードフォークに取りかかっています。ビットコインキャッシュが誕生してから、新しいハードフォークに期待されるようになりました。

いつハードフォークの発表があったか

ビットコインキャッシュのハードフォークは2018年5月の時点で既に発表されており、日本でも2018年10月にSBIバーチャル・カレンシーズよりハードフォークに関する告知がありました。

仮想通貨市場は迅速な情報収集が求められており、ビットコインキャッシュの公式SNSアカウントはもちろんのこと、各仮想通貨取引所も発表のタイミングは非常に早いです。

仮想通貨に関心があれば、積極的な情報収集が必要となります。

いつハードフォークするのか

ビットコインキャッシュのハードフォークは11月15日に実行されるので、既にハードフォークを目の当たりにしているでしょう。

ハードフォークが実行されたことによってビットコインキャッシュの容量は増えて、仮想通貨自体の価値も上がっていき、市場の更なる盛り上がりも期待されています。

また、ビットコインキャッシュのネットワークもハードフォークによってBitcoin ABCとBitcoinSVに分裂されて、派生して新しい仮想通貨も誕生します。取引所によっては従来のビットコインキャッシュのみに対応するか、それとも両方のコインに対応するのか変わります。

著名人のコメントを紹介する

ビットコインキャッシュのハードフォークに注目する人は大勢いて、仮想通貨に関わる著名人も次々とコメントを出しています。

今回のハードフォークに対して著名人の方々はどのような対応で挑むのかをインタビューと共に紹介します。

宇佐美俊氏の見解を紹介する

ビットコインのハードフォークに向けて、11月3日に新しく分散型アプリケーションDAppsを開発するための提案を行う場所の提供のため、BDIPという新しい企画がGitHubにて公開されています。

ビットコインに対応したDAppsが増えていくことを予測しており、ERCのような企画としてBDIPを開発しています。ハードフォークでビットコインキャッシュの容量が拡大することによって、世界規模での普及もまた増えていくようになり、DAppsの需要も高まることが期待されます。


DAppsが変える新しいアプリ運用のカタチ

2018.11.14

Andrew Stone氏の見解を紹介する

ビットコインキャッシュではハードフォーク後に分岐される二つのネットワークを巡った対立も起きており、Bitcoin ABCとnChainの間でABCとSVのどちらの仕様を採用するかで議論になっています。
その仲裁としてBitcoin Unlimitedの開発責任者であるAndrew Stone氏が出てきて、互いに妥協を持ちかけました。しかし両者は一歩も譲らず、ハードフォークの議論はエゴのために行っていると語っています。

Bitcoin Unlimitedが、Bitcoin ABCとBitcoin SVの両方を取り入れたBitcoin Cash edition 1.5.0.1もリリースしており、双方の技術を評価していることは確かです。

Jimmy Nguyen氏の見解を紹介する

ビットコインキャッシュに関与するJimmy Nguyen氏は、新しいトークンやコインの生成を目的としておらず、オリジナルのビットコインのマイナーに向けてビットコインキャッシュのブロックチェーンを勝ち取ることを目的にしています。

BitcoinSVはビットコインキャッシュの容量を128MBにまで拡大することを目指しており、またこれまでに禁止されていた4つのopコードの解禁も行う目論見です。

BitcoinABCのハードフォークがサトシ・ナカモトの理念に反しているとBitcoinSVは考えており、サトシ・ヴィジョン(Satoshi Vision)の頭文字を取ったことが名前の由来です。

サトシ・ナカモトの理念を引き継ぐという目的のもと、オリジナルのビットコインのマイナーを対象にしたハードフォークを目指しています。

【ビットコイン神話説】サトシ・ナカモトは何を感じたのか?仮想通貨が誕生した歴史を徹底解説

2018.09.11

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークはなぜ起きたのか考察する

今回のハードフォークはビットコインキャッシュのアップグレードを巡ってBitcoinABCとBitcoinSVのグループに分かれて対立し、それぞれ資産交換のためのアップグレードとサトシ・ナカモトが描くビットコインの理念に反することを主張し合っています。

ビットコインキャッシュは公式サイトにて定期的なアップグレードが公開されていて、その度にビットコインキャッシュの性能が向上しています。今回はアップグレードの内容によって対立が起きて、新しく2つのネットワークが分岐しています。

技術者やマイナー同士の間で意見が分かれているハッシュ戦争によって、ビットコインキャッシュはより注目されていき、今後の展開からも目が離せなくなるでしょう。

サトシ・ナカモトの論文から学ぶ 仮想通貨の仕組み【ビットコイン ホワイトペーパー】

2018.10.28

ビットコインキャッシュ(BCH)2度目のハードフォークについてまとめる

ビットコインキャッシュのアップグレードは定期的に行われており、11月15日のハードフォークで2度目になります。ハードフォークの度に新たな仮想通貨やネットワークが利用されるようになり、仮想通貨自体の価値も上がっています。

著名人の間でも様々な意見が飛び交っており、今後の展開に期待してDAppsの開発に尽力する人もいます。今回のハードフォークが終わっても、また新しくハードフォークが実行される可能性は充分にあります。

ハードフォーク後の対応は仮想通貨取引所によっても異なり、ビットコインキャッシュの扱いには慎重になります。投資やビジネスでビットコインキャッシュの利用を考えていたら、ハードフォークに関わる情報はしっかりと取り入れましょう。




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です