仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA) の活用事例や提携からみる将来性まとめ



IOTはモノとインターネットを繋ぐ技術のことであり、インターネットに経由される情報がテレビや洗濯機などの家電からも取り入れられています。

このIOTによって、スマートフォンで家電の操作が可能になりました。
仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA) はIOTのサポートをする役割を担っていて、デバイス間で繰り広げられているデータをやり取りする際にかかる手数料を無料にすることができます。

また、IOTデバイスを利用したデータの不正を防ぐ高いセキュリティも誇っていて、将来性が高く期待されています。
インターネットが欠かせない時代となり、あらゆる媒体でデータ収集が求められます。

アイオータ(IOTA/IOTA) の基本情報などは以下の記事で確認してください。

仮想通貨IOTA(アイオータ) が上場後500倍に上がったその後を特徴などから読み解いてみる

2018.03.06

IOTを利用したデータを守ってくれるので、アイオータ(IOTA/IOTA) はこれからの時代に必要とされるでしょう。
その活用事例も知っておけば、もっと生活が便利になるはずです。

仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA) の将来性を決める企業との提携情報まとめ

IOTAは仮想通貨の一種です。
仮想通貨と言えば、投資する対象と思われるでしょう。

しかし、仮想通貨とは新しいお金の形であり、またそれぞれで特徴があります。

そして、IOTAは既に世界で多くの企業と提携しているので、将来性が期待されている仮想通貨です。

活用事例について知っておけば、IOTAを上手く利用できるようになるでしょう。

仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA) は医療の進歩に期待されている

Kontakt.ioはポーランドの企業であり、IOTAとの提携が開始されました。それによって、医療企業ではデータの改竄防止に役立てるようになって、より安全に管理できるようになっています(参照:IOTAがKontakt.ioとの提携を発表!医療分野でのIoT化へ向けて明るい兆しを見せる-CoinOtaku)。

IOTAによるデータ処理速度は非常に早く、手早い取引も可能です。すると、病気に悩む患者を救うための医薬品も質がどんどん上がっていき、医療業界の進歩にも将来性が期待されています。

仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA) はドイツで活用されている

ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンも仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA) との提携を発表しました。

日本はもちろん、中国や北米など世界の国々で事業を展開しているのでとても信頼できる企業です。
今後の自動車開発にIOTAの技術が利用されて、車の自動運転も更に進んでいくでしょう。

フォルクスワーゲンのJohann Jungwirth氏もアイオータ(IOTA/IOTA) を高く評価しており、自動車産業の画期的な変化に期待できます。

日本の大企業も仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA) と提携している

アイオータ(IOTA/IOTA)は富士通のような有名な大企業とも提携しており、Tangle(タングル)と呼ばれる技術によって高い評価を得ています。
このTangleがあるおかげで、データを送る際にかかる手数料を無料にしてくれます。
また、データの取引を行う際にPoW(プルーフ・オブ・ワーク)と呼ばれる仕組みによって、データ自体のセキュリティも保障してくれるのです。

仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA) の提携や活用事例から語られる将来性

実際にここまで、企業との提携や活用事例についてまとめてきましたが、それに対して世の中からどのような評価を受けているのか?
をここからご紹介していこうと思います。

仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA) の創始者が活用事例を語る

富士通はITサービスに優れた電気工学のメーカーであり、国内だけでなく世界からも高い評価を得ています。
2018年の4月より、富士通がIOTA財団に参加することが発表されました。

中央ヨーロッパのロルフ・ヴェルナー氏の情熱はIOTA財団からも高い評価を得ており、世界中から大きく注目されています。
また、ヴェルナー氏自身もアイオータ(IOTA/IOTA) の可能性を期待しており、富士通とIOTのコラボレーションによって大きな成果が生まれるでしょう。

仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA) はイーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)に並ぶほどに将来性が期待されている

アイオータ(IOTA/IOTA)の他にもイーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)もIOTの基盤としての役割を持つ仮想通貨です。
そのため、今後はIOTの技術が進化していくに伴って、これらの仮想通貨も注目されていくでしょう。

イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)に比べてIOTAはまだ歴史が浅いですが、既に多くの企業からの信用を得ているので評価が高いです。
IOTAの活用事例についても知っておけば、その将来性がもっと期待できるようになるでしょう。

仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA)はインターネットの課金にも役立つ

SatoshiPayはネットを利用して、特定のコンテンツに向けて課金することを可能としたサービスです。
音楽や漫画、あるいは映画やドラマなどの映像媒体に課金をしたくなった時に便利です。

これまではビットコインが決済の手段となっていましたが、手数料が増加しているという理由でアイオータ(IOTA/IOTA)と提携することが発表されました。
IOTAは手数料が無料なので、ユーザーにとっても優しくなります。

世界に広まっていく仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA)

ドミニク・シーナー氏はIOTAの誕生に大きく貢献した人物の一人です。
ドミニク氏は世界中にIOTAを広げるため、日本の東京やノルウェーのオスロ、そして台湾などにも拠点を置くと述べています。

仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA)と提携する企業は既に多い

  • Elering
  • Deutsche Telekom
  • Movimento (owned by Delphi)
  • Oslo Business Region
  • NTNU

アイオータ(IOTA/IOTA)は世界的に有名な企業と提携しており、それだけこの仮想通貨は期待されています。
今後、IOTの技術が進歩すれば、提携する企業はもっと増えていくでしょう。

2017年11月28日、IoTに特化した暗号通貨(仮想通貨)を提供するIOTA(アイオータ)プロジェクトが、世界有数のグローバル企業であるCisco Systems社、Volkswagen AG社、Samsung Group社を筆頭とする、複数の企業とパートナーシップを締結したことを発表しました。

発表に際し、IOTAの共同創業者のひとりであるDavid Sønstebø氏は、今後これらの企業と協力し、安全なデータ市場を構築していく狙いについて述べました。

仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA)の将来性を今後どの視点で見極めるか

先ほども紹介した通り、フォルクスワーゲンも使用していて、オランダでは電気自動車を充電するための施設を設置しており、IOTAが活用されています。
IOTAを利用した充電システムによって、IOTA自体の価格も上がり、またIOTAに期待する声も増えるようになりました。

今後、IOTAは電気自動車に大きく貢献していくでしょう。

仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA)はリスクとメリットの両面が備わっている

私達の生活はあらゆる場面でインターネットが活躍しており、それに伴ってIOTを利用した家電が増えています。
また、東京モーターショーでもIOT化した車について取り上げられるようになりました。

一方でIOTAのリスクを指摘する声もあり、また技術自体が不充分なことから現在の価格が高すぎるという投資家の意見もあります。

しかし、IOTAの技術が進歩していき、IOTAがより身近になれば評価が上がるでしょう。

仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA)は手数料がかからない

アイオータ(IOTA/IOTA)は2016年に開発された仮想通貨なので、まだ世間的な認知度は不充分です。
そしてアイオータ(IOTA/IOTA)自体の関数はビットコインとは違ったり、アイオータ(IOTA/IOTA)に対応するwalletの数が少ないことから保管が難しいデメリットもあります。

しかし、取引の際にかかる手数料が無料となり、IOTA自体のセキュリティが強いことが極めて大きなメリットと言えます。

そうした理由で、ビットコイン以上に期待している人も多いでしょう。
IOT家電や提携する車が増えれば、IOTAもまた広がります。すると、IOTAに対応するwalletや取引所も増えるので、もっと身近な仮想通貨へと変わっていく未来が訪れます。

IOTAはデータの安全に期待されている

ブロックチェーンとも提携されると、今後は企業が扱うデータが第3者からの悪質な改竄を防止することが可能となります。安全性が保障されれば、企業もデータがより自由に売買することができるでしょう。

仮想通貨IOTA(アイオータ)の将来性への期待高まる台北との提携

台北は台湾の首都であり、市民が個人認証を進めるためにアイオータ(IOTA/IOTA)との提携を発表しました。
Tangleは次世代のブロックチェーンと呼ばれており、スマートフォンなどの小型のデバイスを想定しています。

そのため、Tangle自体がコンピューターに負荷がかかることが少ないので、個人認証にも役立ちます。
誰にでも扱える技術にまで進歩すれば、今後の生活はもっと便利になっていくでしょう。

仮想通貨を語る上で欠かせないのがブロックチェーンです。ブロックチェーンとはデータをまとめる複数のブロックを繋ぐ鎖であり、このブロックチェーンがあればデータの改竄や不正な取引を防止することが期待されています。

しかしそんなブロックチェーンでも処理することができるデータの量は限られています。
そこで台北市はIOTAやTangleの性能をテストするため、たくさんのプロジェクトを立ち上げました。

こうして、台北市はIOTAと提携した世界で初めての都市となったのです。

これらの情報から仮想通貨IOTA(アイオータ)の将来性を考察してみる

IOTAが世の中に流通するようになってから2年になります。
一般にはまだなじみの薄い仮想通貨ですが、既にそのシステムを評価する大企業が多く存在しているので、将来性が期待されていることに変わりはありません。

扱っている取引所はBINANCE(バイナンス)とBitfinex(ビットフィネックス)が有名ですが、国内では取り扱っていません。

しかし、仮想通貨は日本でも広まりつつあるので、今後は国内の取引所でも扱われる可能性があります。

IOTの技術に興味があれば、ぜひともIOTAを手に入れてみることをおすすめします。




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です