我らが日の丸企業がマイニングに参入、その勝機は



マイニング市場に国内の企業も続々と参入しています。日本企業が参入することで
市場上位に到達できるのか。
ここではマイニングと参入する日本企業について。今後、
マイニング市場はどうなるのかを調査・予測してみました。

マイニングとはなにか?

マイニングは発掘という意味がありますが、ここでは仮想通貨であるビットコインなどに取引台帳というブロックチェーンに全て取引が記載されます。記載することで仮想通貨の安全性を保つことができているのです。その台帳に更新、記録するのがマイニングです。

企業が行うマイニングとは?

マイニングは取引データを世界中で計算して最も早く計算できて承認されたものに仮想通貨で報酬を得ることができます。世界中の企業や個人全てが対象です。
計算能力が高い機械を持っているところが報酬を得ることができますが、その計算に対しての電気の消費量が膨大にかかります。
高性能で計算できるスペックの高いコンピューターを24時間稼働させるだけでも電気量はかかります。又、計算後のコンピュータを冷却させなければなりません。
報酬を得ることができてもコストを考えると安定した資金ぐりができる企業が参入していて、現在は個人の参入が難しくなっています。しかし初期費用や機材の用意もしなくていい、個人の参加ができるクラウドマイニングなどがあります。後ほど詳しく説明します。

世界のマイニング市場

世界の中での半分のシェアは中国が占めています。
マイニングの大手と言えば、Bitmain社(北京)です。中国が占めているその理由としては、電気代が安いからです。マイニングをする際に、計算する機械の電力の消費量が大きいため、電気代が安いと有利なのです。
しかし最近は中国で仮想通貨の規制が厳しくなり、マイニングの大手が閉鎖、ICOの禁止ということもあり、中国から他の国へマイニングの拠点が変わるようです。
ロシアや北欧などがその候補として上げられています。

国からの規制が厳しくなった中国は、仮想通貨の市場に世界から遅れが生じているようです。

参入を表明した日本企業一覧

仮想通貨のマイニングを行う企業が国内でも出てきています。

  • DMM.com (ゲーム・通信)
  • GMOインターネット(IT)
  • SBIホールディングス(金融)
  • サイバーエージェント(IT)
  • オウケイウェイヴ(IT)

事業内容は、ITか金融に強い企業で名前が知られている大手企業が参入を表明。
2017年に参入を表明した企業でも2018年より動く予定となっています。

なぜ今から参入するのか

中国が世界シェアを半分占めている状況で、日本企業が今になってマイニングに参入するのでしょうか。

大手三社がマイニング市場に参入することを表明したことで、制限が厳しくなってきている中国に対してプレッシャーを与えようとしているのかもしれません。

企業としては仮想通貨の市場は益々拡大することですし、このマイニングは投資することで大きな報酬を得ることができます。これからもマイニング市場に日本企業もこれからも参入していく企業が多くなるでしょう。

また、仮想通貨の事業に参入済の企業だと、マイニングをすることで、安定した取引を確保できるメリットがあります。今参入を表明した企業はITや金融に強く、よく知られている名前です。

そういうところで国内で信用度は高いです。更に日本の技術力に「自信を持っている」というようなトップの発言が多く、どの企業も電気代の対策などもクリアできるという手があるようです。

大手も含め、これから日本企業が参入していくことで、マイニング市場がポジティブに変化して行く事も期待できるかもしれません。

中国に勝てるのか?

ここでは、コスト面で果たして中国に勝てるかという点を見てみます。

マイングする際に必要な機械の電気消費量がかかるため、多額の電気代がかかります。
中国は安い電気代と安い人件費でコストが低いというメリットがありますが、国内企業は、この点をクリアしていく手段を考えなければなりません。

具体的にGMOは、北欧に工場を設置することで、電気代を安く抑えるようにしています。北欧は電気代が日本の約3分の1程度、又、工場で発生した熱の冷却を低い気温の風土が助けてくれます。

このように拠点を海外の地域に置く会社や制限が厳しくなっていく中国に対して日本だけでなく、各国も中国を追い越すチャンスが来ている時期なのかもしれません。

しかしDMMは電気代が安くない国内の金沢にマイニングの拠点を置きました。気温が比較的寒い地域ではありますが、なぜ国内を選んだのか。公表されていませんが電気代を安く上げるところよりも大きな利点を考えているのかもしれません。

世界中でマイニングの上位を狙っている中、この時期に日本の大手企業が勝算あると確信しているものがあるからこそ、マイニング市場に参入したと思います。世界中に競合はいますが、国内の競り合いも激しくなっていくでしょう。

日本発のクラウドマイニングについて

クラウドマイニングとは、マイニングしているサービスに投資し、その投資額に応じてマイニングで得た報酬が配当される仕組みです。

マイニングの方法の一つで、他との違いは、電気代がかからないこと、マイニング専用機械を持っていなくてもいいということす。初期費用がかからず、あまり専門的な知識がなくても始めることができるメリットがあります。

デメリットとしては企業の倒産などで報酬が受け取れないというリスクがあります。海外で有名なクラウドマイニングサービスを行っている会社はありますが、日本語のサービスがなかったり、会社によってリスクが低いところから高いところと様々で、不安な点が多く、始めるのに勇気がいります。

クラウドマイニングは詐欺まがいな会社も多いのも現実です。それが日本発のクラウドマイニングですと、言葉の問題もクリアされ、サイトでの理解力も深まりますし、信頼度もかなり違い、あまり熟知してない人でも始められます。

しかし最近、日本発で「iMining」が誕生しましたが、2018年3月20日にサービス停止となりました。やはり日本企業でもリスクはゼロとは言えません。今後も日本発のクラウドマイニングが増えていくでしょう。日本発のクラウドマイニングは、やはり私たち日本人にとって安定と信用度が海外の企業に比べると格段に違うので、知識があまりなくても個人が始めやすい投資の一つになるのではないでしょうか。

これからどうなるのか?

今後、資金繰りなどの面で個人がマイニングに参入というのはなくなる反面、クラウドマイニングなどでマイニングを簡単に始められます。

日本企業も参入することで、信用度が高くなっていくでしょう。年々、仮想通貨が広がっていく中、マイニングの市場も一緒にメジャーになっていくのではないでしょうか。

仮想通貨が広がるとともに、クラウドマイニング市場も日本で更に広がり盛んになっていきます。マイニングに個人が参入するのはコスト面を考えると難しいですが、クラウドマイニングだったら手を出しやすいサービスもあるので、初心者でも始められます。 例えばGenesisMiningは、サイトもわかりやすいですし、日本語対応しています。

スマホ一台で簡単に始められる程、近くなっていきますが、同様に詐欺も多くなります。メリットが多すぎる儲け話やあまり知られていない企業に投資するのは要注意です。詐欺ではないか?と疑ってみる姿勢は大事です。

最初は少額で試すことからおすすめします。

仮想通貨利用取引所アンケート実施中

CoinInfo編集部では皆様が仮想通貨を運用するうえで
どの取引所を、どういう理由で利用されているのかを調査させていただいております。
また抽選で5名様にAmzonギフト券を送付させていただきます。

是非ご協力宜しくお願いします。




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です