ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)がビットコインと分裂した理由と役割の違いまとめ



ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)がハードフォークにより生まれた理由とその流れ

2018年が始まった直後に発生した仮想通貨の暴落とコインチェックのNEM不正流出事件により「ビットコイン」というキーワードが一般層にも認知されるまでになりました。
中には「仮想通貨=ビットコイン」と解釈してしまっている人達もいるようですが、今回は仮想通貨を勉強し始めた人でも混乱しがちな、
ビットコイン(bitcoin)とビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)の違いについて紹介します。

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)の誕生

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)は、2017年11月13日(日本時間)にリリースされました。
ビットコインから分裂(ハードフォーク)したアルトコインの一種です。
2017年10月25日(日本時間)に一度ハードフォークが行われていましたが、色々とDDos攻撃をうけたりと問題があったため、改良が加えられて11/13に再リリースとなりました。

ハードフォークについて詳しく知りたい方は以下の記事を確認してみてください。

ハードフォークとは何か?仮想通貨に市場にもたらすメリットとデメリット

2018.04.04

なぜビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)はビットコインからハードフォークしたのか

ビットコインとビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)の違いを理解するには、なぜビットコインからハードフォークされたのかを知る必要があります。

仮想通貨は、一定期間ごとにすべての取引記録を取引台帳に追記することで整合性を管理しているのですが、その追記の処理には、ネットワークに分散されている今までの取引台帳データと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を記録することが求められます。
この追記作業を行うにはコンピューターの膨大な計算力が必要となるため、有志が自分たちで用意したマシンでこの追記作業を行い、その報酬として通貨を受け取ります。
この一連の流れが「採掘(マイニング)」と呼ばれています。

もちろんビットコインもマイニングを行う必要があるのですが、このビットコインのマイニング作業に目をつけたのが中国のマイニング集団。
潤沢な資金をもつ彼らがASICというマイニング専用マシンを用いて、ほぼ独占的にマイニングを行うようになりました。
そのためマイニングで得られる新規のビットコインはほぼ彼らが独占するようになります。

しかしビットコインが掲げている理念は「非中央集権的なネットワーク構築」であり、誰かがマイニング市場を独占してしまうのは好ましくありません。
そこで、一般ユーザーも平等にマイニングができる「ビットコインと同等の機能を持つ仮想通貨」を作る必要が生じ、ビットコインゴールドが誕生しました。

ビットコインゴールドの概要まとめ

通貨名 Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)
通貨記号 BTG
公開日 2017年11月12日
時価総額 13071.16 JPY / 0.01185150 BTC ※2018.2.27 現在
発行上限数 21,000,000 BTG
主な上場取引所
  • Bitfinex
  • Bittrex
  • Poloniex
  • Binance
公式サイト https://bitcoingold.org/

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)はビットコインと何が違うの?

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)のマイニング方法

ビットコインはASICと呼ばれるマイニング専用マシンをいくつ持っているかでマイニングできる量がほぼ決定してしまうため、ビットコインのマイニングはASICを保有している一部の集団により独占状況にあります。

そこで、ASICを使ったマイニングができず、GPU(一般の人が購入できるパソコンに搭載されているグラフィックボード)でマイニングするのが一番効率良くなるように改良されたのがビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)です。

つまりビットコインのマイニング難易度は非常に高く、高性能な専用のマシンを大量に持っているほうが有利になり、個人では太刀打ちできません。
一方でビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)は定期的にマイニング難易度を見直すことで、個人でもマイニングに参加することができます。

マイニング市場が独占されることは、その通貨を保有する者が偏ることになり、彼らによって価格操作が可能となってしまいます。

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)はマイニング難易度が低く、すべての人が平等にマイニングを行うことができるため、健全な市場を保つことが可能となります。

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)の価格上昇したニュースと価格まとめ

2017年10月25日にリリースされたビットコインゴールドは、ビットコインのマイニング問題を解決するものとして期待も込めて約500ドル(約5万円)まで価格が上昇しましたが、初期の高騰分が売りに出されたり、不具合がつづいたことで約150ドル(約1万5千円)まで価格が急落します。

その後、11月13日に再リリースされた後、bittrexへの上場が発表されたことなどで価格が高騰(約300ドル~400ドル)しました。

「ビットコインゴールドの価格が3倍に高騰!要因はbittrexへの上場か」(2017/11/22)
http://xn--zck9awe6dx83p2uw267du0f.com/

「ビットコインゴールドわずか16日で時価総額5位!国内で購入できるのはいつ?」(2017/11/27)
http://alt-coin.info/2017/11/27/bitcoingold_rank5/

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)が下落したニュースと価格まとめ

2017年10月25日のビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)のリリース直後、サーバーへのDDos攻撃にあい、ウェブサイトがダウンする事件が発生。
かねてよりDDos攻撃に対する危険性が指摘されており、この事件を受けて価格が急落しました。

「ビットコインゴールド価格大幅下落、DDos攻撃に合いウェブサイトがダウン」(2017/10/26)
http://coinpost.jp/?p=7444

その後は、有力取引所への上場のタイミングで値を上げたりしていますが、2018年に入ってからは仮想通貨全体が低迷しており、ビットコインゴールドも2017年11月-12月はおよそ300ドル付近を前後していた価格が、2018年冒頭より約100ドル前後での推移となっており、相場はよくない状況です。

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)の価格推移まとめ

日時 ニュース 価格
2017/10/26 DDos攻撃に合いウェブサイトがダウン 140ドル前後
2017/11/22 Bittrexへの上場 300ドル前後
2018/1/26 コインチェック事件 100ドル前後
2018/5/22 ニュースなし 50ドル前後

ニュースからみてビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)の将来性をどう読む?

2018年2月以降は、仮想通貨に関するニュースはネガティブなものがほとんどで、それを反映して相場の動きも鈍いままです。
この相場が今後どのように展開するかはまだ不明で、しばらくは観察を続ける必要があります。

仮想通貨の基軸通貨ともいえるビットコインの値動きにビットコインゴールドの値動きもつられる傾向にあり、ビットコインが今後どのように社会から評価されるかが大きな鍵を握っています。

各国の政府が仮想通貨への規制を強めれば相場は下がったまま、逆に仮想通貨を利用したサービスやネットワークインフラの整備に取りかかれば相場は上昇する思われます。

以下で、仮想通貨の上昇を予測するwebbotがハードフォークによって生まれた通貨の将来性について言及しているので確認してみてください。

仮想通貨の上昇を予測するwebbotが5月に爆上げを予測

2018.05.07

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)を購入するのにオススメの取引所は?

ビットコインゴールドは現在国内の取引所ではbitflyerで購入が可能です。
ですがbitflyerでは取引手数料や取り扱う仮想通貨の種類が、海外取引所に比べて劣っているのが現状です。

海外で購入できる取引所で有名なところでは

  • BITTREX
  • Bitfinex
  • Binance

があげられます。

どこの取引所を選ぶかは
「手数料」
「取引所の信用性」
をもとに選びましょう。

手数料の安さという点では「Binance」がおすすめです。(0.1%)
Binanceは世界一の仮想通貨取引量を誇っており、流動性が高く取引が成立しやすいメリットがあります。
またハードフォークにも積極的に関与しており、ハードフォークで発生した通貨の付与も受けやすいです。
一方で取り扱っている仮想通貨の種類が少ないため、色々な仮想通貨を購入してみたい人には向かないかもしれません。

なお海外取引所で購入する場合、まずは日本の国内取引所でビットコインを購入してから、海外取引所に送金を行います。

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)に関するまとめ

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)は、ビットコインが抱えている不平等な部分(マイニングが一部のユーザーに有利になっている)を解消するために誕生しました。
ハードフォーク直後に価格が高騰したのも、市場からの期待の高さを反映したものと思われましたが、技術的なトラブルも発生したりするなど、評価が定まっていないとも考えられます。

また2018年3月時点ではまだ仮想通貨以上全体が冷え込んでおり、明るい先行きを期待するのは難しいかもしれませんが、もし状況が好転すれば注目を浴びる通貨の1つと考えてよいでしょう。




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です