Rippleがテキサス大学に2.2億円の出資。その他17の大学にも出資。



Ripple Labs は五年間にわたり200万ドル(約2.2億円)をブロックチェーン技術開発費用としてテキサス大学オースティン校に出資することを発表しました。
Rippleに関する最新ニュースはこちらを参考にして下さい。

インド中央銀行は仮想通貨に寛容な姿勢を見せるというRipple社の見解とは?

2018.06.18

Rippleが様々な大学に出資

RippleのUBRI(University Blockchain Research Initiative)は6月の初めの段階ですでに5000万ドルをブロックチェーンの学術研究に関出資する方針を示して、17の大学と提携していくことを示唆しています。
これら17の大学にはマサチューセッツ工科大学やプリンストン、ハイデラバード、ルクセンブルクなどの有名な大学が含まれています。

Rippleが出資する目的

  • 研究と技術開発を共同で行うことによるブロックチェーン領域における幅広い理解とイノベーションを促すこと
  • ブロックチェーン、仮想通貨、他のフィンテック領域における学生の高い学習意欲を満たすカリキュラムを作るため。
  • アイデアを生み出すための刺激をつくり、学部生や研究者、ビジネスリーダーと対話をすること
  • Rippleが描くブロックチェーン研究

    Rippleは長い目で見たときに大学によるブロックチェーン技術の研究は重要であると述べています。
    Rippleは大学がイノベーションに対してどのような役割を持っているのか以下のように述べています。

    イノベーションの歴史を見てきたときに大学は民間ができないことを独立して行ってきた。大学は将来の労働力を強くする責任を持っている。

    まとめ

    Rippleが大学に出資する理由としてはもちろん企業メリットなどの採用なども存在すると思いますが、ブロックチェーンに精通する人物を育てて世界を進歩させることを強く願っていることが感じられます。

    仮想通貨領域を引っ張っていくRippleがどのように世界全体のブロックチェーン技術の発展に貢献していくのかが注目です。




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です