【価格上昇要因No1】上場投票で取引所への新規上場を事前に把握できる!?



日頃から大きな増減を繰り返す仮想通貨。一日で価格が50%上昇ということも珍しくありません。

では、仮想通貨の価格上昇要因で最も大きいと言われているものは何かご存知でしょうか?
世間のニュースや企業とのタイアップで上昇することが多いですが、「取引所への新規上場」が価格上昇要因で最も大きいと言われているのです。

例を挙げると、ADA(エイダ)コインという仮想通貨が世界最大級の取引高であるバイナンスという取引所に上場した際は、数日で6倍もの価格上昇を見せました。
参考:http://kasotuka5.com/

大手の取引所に上場する通貨を前もって知ることができれば、価格上昇前に仕入れることができ、利益を得られますよね。

実は、この上場する通貨を事前に把握できる方法があるのです。

「上場投票」と呼ばれるもので、取引所に上場する通貨を投票で決定するという仕組みです。
この上場投票を上手く利用するために、本記事では上場投票の概要について説明します。

取引所に新規上場することで価格上昇する要因

そもそも仮想通貨の価格は、「通貨を欲しいと思っている人が購入する」ことによって上昇します。

上場により購入できる場所が増えると、通貨が流通する場所が増えていきます。
流通する場所が増えれば増えるほど、「欲しい!」と思っている人が購入できる場所や機会が多くなります。
こうして仮想通貨の価格は上昇していくのです。

また仮想通貨は世の中に数千種類以上存在すると言われており、その中から信頼できる通貨を選ぶことは非常に困難です。

ですが著名な取引所にたくさん上場できれば多くの人が通貨を持つようになり、通貨の信頼性も上がりますので、みんなが安心して通貨を購入できるようになります。
その点も価格上昇の要因となっています。

では取引所に上場するとどのように価格が上昇するのか、本稿で確認していきましょう。

取引所の規模によって価格上昇の上げ幅は変わる

取引所は数多く存在しますが、その中でも規模によって価格が上昇する上げ幅は変わります。
先ほども説明した価格上昇の要因である「流通性」や「信頼性」は、取引所の規模が大きければ大きいほど効力を発揮します。

以下に、取引所の規模をランキング形式でまとめました。

24時間の取引量ランキング
(2018年5月15日現在)

  取引所名 所在地 取引銘柄数 24時間の取引量
BitMEX 香港 6種類 3,200億円
OKEx 香港 156種類 2,500億円
Binance マルタ島 151種類 2,000億円
Huobi 香港 104種類 1,500億円
Bitfinex 香港 38種類 1,000億円
6 Upbit 韓国 136種類 1,000億円
7 Bithumb 韓国 24種類 700億円
8 GDAX アメリカ 4種類 400億円
9 HitBTC イギリス 327種類 350億円
10 Bit-Z 香港 73種類 330億円

参考:https://coinmarketcap.com/

取引量が多い取引所に上場すればするほど、流通性が高くなりますので、価格上昇のチャンスと言えるでしょう。

取引所上場ニュースと価格上昇例まとめ

上場通貨 LISK
上場日時 2018年1月31日
取引所名 BitFlyer
取引所ランク B
チャート
価格 2,300円→3,100円
上場通貨 NEM
上場日時 2018年3月20日
取引所名 Binance
取引所ランク A
チャート
価格 30円→36円
上場通貨 ADA
上場日時 2018年4月16日
取引所名 Huobi
取引所ランク A
チャート
価格 22円→33円
上場通貨 QASH
上場日時 2017年11月30日(発表は27日)
取引所名 Bitfinex
取引所ランク A
チャート
価格 77円→158円
上場通貨 MONA
上場日時 2018年4月18日
取引所名 EXVO.io
取引所ランク C
チャート
価格 377円→448円

2018年は2017年に比べると仮想通貨に対して厳しい目を向けられていますが、それでも上場のニュースがあると通貨の価値が大きく上昇していることがわかりますね。

新規上場を事前に把握できる上場投票とは!?

上場することで通貨の価値が大きく上がることが分かりましたでしょうか。
では、その上場を前もって知ることができれば大きく利益を出すチャンスですよね。

上場銘柄というものは基本的には前もって知ることは難しいですが、一部の取引所では「上場投票」というものを行っており、上場する銘柄を投票にて決定しています。

この上場投票をうまく使うことによって、前もって通貨を購入することができるようになるのです。
ではどのような事例があるのか、本稿で確認していきましょう。

上場投票を実施した事例と価格上昇

タイトル 上場投票結果直後に高騰。BinanceのCommunity Coin of the Month
上場日時 2017年9月10日
上場通貨 ZCoin
取引所名 Binance
取引所ランク A
チャート
価格 2,600円→4,400円

Binanceは月に1度のペースで上場投票を行っており、投票で1位になった銘柄はすべて上場しています。
Binanceは取引高も大きく、価格上昇に大きく関与している取引所であるため、チェックするようにしましょう。

上場投票に参加する方法と今後実施される上場投票まとめ

上場投票へ参加する方法は各取引所によって異なりますが、上記で説明したBinanceであれば

  1. Binanceに登録
  2. BNBコイン(Binanceが発行している仮想通貨)を購入
  3. ③投票したい銘柄にBNBコイン(0.1BNB)を使って投票

また、Binanceは法定通貨を利用できないので、他の取引所からビットコインを送ってコインを買わなければなりません。
BNBコイン分のお金はかかりますが、数百円程度の投票で大きなリターンが発生する可能性がありますので、積極的に参加するようにしましょう。

以下のように上場投票は日々行われています。
https://twitter.com/kinako_is/status/997802194656100352

上場投票に参加して収益をあげよう

いかがでしょうか。仮想通貨は価格の変動の激しさが魅力の1つでもあるのですが、何も考えずに投資をしていると損してしまう可能性が高いです。

何かしら上昇の要因を掴んでから投資することが一番ですので、今回説明した上場投票を利用して、通貨価値の上昇の流れを読み取ってください。

Twitterでは「 #上場投票」というハッシュタグも存在しているので、こまめにチェックしておきましょう。




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です