仮想通貨FXとは何か?儲かる仕組みとリスクを考える



仮想通貨は大暴落を経た後も、市場規模は拡大を続けています。

今話題の仮想通貨を用いた証拠金取引のことを仮想通貨FXといいます。
本格的な仮想通貨取引を行いたい人にはメリットも多く、挑戦する人も多くいます。

仮想通貨FXを行うには、仮想通貨FXについて、さまざまな情報を確認・比較することが重要です。

今回は仮想通貨FXとは何か、メリット、デメリット、仮想通貨FXを行う方法や取引所の照会をします。
これから仮想通貨FXを始める人は是非参考にしてみてください。

仮想通貨FXとは?現物取引とは何が違う?

仮想通貨の投資方法は、仮想通貨FXと現物取引の2通りの取引方法があります。
ここでは、仮想通貨FXとは何なのか、2通りの取引方法の違いについて説明します。

仮想通貨FXとは

実際に仮想通貨を売買するのではなく、証拠金を預けてその数倍から数十倍のお金を動かします。
将来の価格変動の上下の波を見込んで、買い注文または売り注文を行い、少ない元手でも大きな利益を上げることのできる方法の一つです。

現物取引と仮想通貨FX取引の違いは?

現物取引
ビットコインなどの仮想通貨を実際に購入し所有権を得て、値上がりしたときに売却することで、その差益を収入とする取引。

元手が多い人に非常に有利な取引です。

仮想通貨FX
ビットコインなどの現物がなくても、売買したと仮定したときの差額が利益になる取引。

「差金取引」とも呼ばれ、「売り注文」から始めることができます。元手が少なくても「レバレッジ」を使えば信用取引により高額での売買ができます。

仮想通貨FXのメリットとは?

仮想通貨FXが人気の理由と魅力をお伝えします。

「レバレッジ」で手持ちの金額より大きな取引ができる!

「レバレッジ」とは、預け入れた証拠金の数倍〜数十倍の金額まで注文できる仕組みです。
レバレッジ設定を行うことで、保有している資金よりも大きな金額で取引ができます。

例えば、レバレッジ倍率が10倍という設定の場合、取引所に預けた資金が10万円だとしても、100万円の取引ができるようになります。
小さな資金で大きな利益を得られる可能性があるとして、投資家に広く人気があります。

相場の価値が下がったときでも利益が出る

仮想通貨FXは買いからだけでなく、売りからでも入ることができます。売りから入ることを空売りといいます。
空売りにより「安く買って高く売る」だけでなく、「高く売って安く買い戻す」こともできます。

レバレッジで増やした資金を使ってショートポジション(空売り)を取っておき、相場の価値が下がった時に買うと差額分を利益にすることができます。
例えば、1BTC=10万円の時にショートポジション(空売り)し、1BTC=5万円に下がった時に買えば5万円分が利益となるというわけです。
このように、あらかじめリスクヘッジとしてショートポジション(空売り)を取っておけば、価値が下がっても利益を得られるのが仮想通貨FXなのです。

24時間365日,トレード可能

通常のFX(外国為替証拠金取引)は、土日のトレードが行えません。
一方、仮想通貨FXは基本的に24時間365日の取引が可能なので、誰でも好きな時間帯にやりとりが行えます。
仕事や学業があっても取引しやすく、夜中だけ朝だけといった取引も可能なので、自分のタイミングで仮想通貨を売買することが可能です。
仮想通貨の価格が激しく変動する時でも、仮想通貨FXなら取引のチャンスを逃さずに、さまざまなライフスタイルに合わせて取り引きできます。(メンテナンス時を除く)

初心者でも本格的な取引が可能

仮想通貨でまとまった利益を得ようと思うのなら、やはりそれなりの元手は必要となります。

仮想通貨FXなら、レバレッジ取引によって少額の投資からでも大きな額をトレードすることができます。誰でも本格的な仮想通貨売買を始めることができるのです。

数千円からでも、数万円~数十万円分の本格的な仮想通貨取引ができるので、仮想通貨ならではのボラティリティ(価格の変動率)を活かすことができます。
「上手な取引が行えれば、一気に利益を獲得できる」
それこそが仮想通貨FXの1番の魅力だといえます。

仮想通貨FXのリスクとは?

レバレッジの分だけマイナスもある

仮想通貨FXでレバレッジをかけることは、大きな利益につながります。
しかし、それは同時に、同じくらい大きな損失につながる可能性も秘めていることになります。
例えば、10万円の資金にレバレッジを10倍かけ、100万円分のBTCを買ったとします。ここでBTCが80万円に下がった場合、10万円の資金に対して20万円の損失を生んでしまうことになるのです。
レバレッジのメリットを裏返したマイナスがあることを覚えておいてください。

強制終了で損益が確定!?「追証」と「ロスカット」

空売りのリスクは、「追証(おいしょう)」と「ロスカット」というシステムがあることです。
「追証」とは「追加保証金」の略です。現物取引では、購入したコインがどれだけ値下がりしてもそのまま持ち続けることができます。
しかし、空売りしたコインが予想に反して大幅な値上がりしてしまった場合、追証やロスカットのため、コインを持ち続けることはできません。
「ロスカット」は投資家が預けている証拠金よりも多くの含み損が一定の割合まで増えた時に取引を強制終了させるシステムで、元々の資金以上の損益をトレーダーが負ってしまわないようにするための防御システムとして機能しています。
先述した追証を払えず含み損が増え続けた場合、ロスカットへと移行し、取引が強制終了されてしまうのです。

余剰資金で行うこと

仮想通貨の値動きは、まだまだ未知数な部分が多くあります。そのため生活に支障が出るほどの大金を投資するのは、リスクが大きくなってしまいます。

あくまで余剰資金を証拠金として預けることを心がけて、日々の生活に影響が出ないようにしてください。
特に仮想通貨FX初心者は、勘や運頼りの取引になりがちです。少しずつトレードに慣れていくためにも、まずは少額の投資からはじめてみましょう。

仮想通貨FXを始める方法、おすすめの取引所は?

DMM Bitcoin

  • 7種類の仮想通貨が取引可能
  • 初心者も使いやすい豊富な取引ツール
  • さまざまな手数料が無料
  • 365日・24時間サポート、LINEで対応

DMMビットコインの取引アプリは、チャートを確認しながら注文を行えるため、現在の相場価格を理解しながらの取引に対応しています。

注文を行う際は、取引画面にて取引金額を入力、買う、売るの注文を終えるだけなので、直感的に注文を行えるようになっています。

GMOコイン

  • 豊富な情報を確認しながらの取引が可能
  • 0.001BTCの小額資金から投資が可能
  • 取引手数料、即時入金手数料、出金手数料、口座開設手数料が無料

GMOの取引アプリはスピード注文に対応しています。

スピード注文は、1タップで取引で注文を終えられる機能です。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)

  • レバレッジ取引に特化したい方向け
  • 米ドル換算の為、買いと売りの取引中の把握が楽チン
  • レバレッジの際の金利支払いが不要(BTCFXは先物であるため)
  • レバレッジは最大20倍となっていて、比較的大きな取引が可能

豊富なアルトコインを有するbitbank(ビットバンク)と、ビットコインのFX取引をメインとするbitbank Trade(ビットバンクトレード)の2種類があり、用途によって選択することができる。

bitFlyer(ビットフライヤー)

  • シンプルなため、初心者の方でも、安心して取引可能
  • ユーザー数・取引量・資本金ともに国内No.1の仮想通貨取引所
  • 世界でもトップクラスを誇るセキュリティの高さ

豊富な資本をもとにセキュリティ対策に力を入れていることも特徴ですので、仮想通貨をこれから始めたい初心者におすすめの取引所です。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は仮想通貨FXについて解説させていただきました。

仮想通貨FXの魅力は少ない自己資金でも大きな金額で取引ができることです。
本格的な仮想通貨取引を行いたい人は、ぜひ仮想通貨FXに挑戦してみることをおすすめします。しかし、仮想通貨取引は自己責任です。あくまで余剰資金で行うことを念頭においてください。取引を行う前に取引所について入念に調べ、レバレッジの倍率やロストカットの基準の違いを知っておきましょう。用途に合わせて取引所を使い分けることもできます。
では、上手に情報を集めて、日々取引を楽しんでください。




Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローする

Coin Infoの公式Twitterアカウントをフォローすることで、ニュースなどの速報情報や、Coin Infoの新着記事の通知などを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です